2005年09月

2005年09月22日

NHK「難問解決!ご近所の底力」感想。

9/15の記事で紹介しました「難問解決!ご近所の底力」の
メダカよ甦れの回を見ました。
全国的に少なくなってきてるんですねぇ。やっぱり。

番組では、メダカの採集から始まり、採集したメダカの増やし方、
環境を整える取り組み、増やしたメダカを整備した用水路に放流する取り組み
まで紹介していました。

そして、ちゃんとメダカには各地域により体や遺伝子の差異があること、
増やして放流するのは必ずその地域のメダカに限ることなどを
ちゃんと専門家が説明してアドバイスしていましたね。
ちゃんとそこまでフォローしていましたから、
非常に好感が持てました。
私はその専門家の方とメダカ保護&復活に取り組んで行動している
方々を激しく支持したい。

かつて、一時期姿を消し、「幻の鳥」とまで呼ばれた
カワセミも、現在は全国各地の河川や池で普通に見られるまで
復活しました。

メダカ復活に情熱をかける人々、そして、メダカを
愛する人がいる限り、必ずや全国でメダカが復活するものと
信じております。

besan2005 at 22:48|PermalinkComments(14)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)その他 

2005年09月21日

公園で出会ったねこ

公園のねこ

通勤途中、いつも通る公園でノラの猫さんに出会いました。
近づいて写真を撮ろうとすると、警戒レベルを引き上げて
間合いを取ろうと後ずさりします。

う〜ん、写真くらいいいじゃない。

それとも、きれーなおねーさんじゃないと心を許してくれませんか?

besan2005 at 20:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)やっぱり猫が好き  

2005年09月19日

第2水槽をトリミングしたら・・・

第2水槽トリミング後

唯一照明施設を設置している第2水槽の水草が余りに伸びまくったので
多少トリミングしたところ・・・

いきなり明るくなって落ち着かなくなったのか、魚たちは水草の陰に
集まるようになりました・・・
シマドジョウやツチフキたちは気にしてないみたいだけど。
まぁ、すぐ慣れるでしょう。
スジエビ君はいつもマイペース。ミナミヌマエビたちはいつものように
水草の上・・・


ただし、餌を投入すると、我れ先にと出てきて食いまくります。
ゲンキンなやつら・・・


besan2005 at 18:22|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)水槽観察記録 

ちょっと走ってみた・・・

今日のターゲット

嵐山のガサ作戦のアテがはずれ(悔しいので書きませんw)
せっかくの連休最後の日だしちょいと気分転換に車で走りました。
着いたのは隣町。河川敷が公園になっていて、水際まで行くことが出来ます。
早速ガサ開始。しかし、所詮大きな川に網一つで立ち向かうのは
無謀というもの。採れるのはオイカワの稚魚ばかりでした。
そんななか、オイカワ稚魚とはちがう稚魚がいくつか採れました。
続きを読む

besan2005 at 11:34|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)ガサガサ採集記録 

2005年09月18日

保津峡にちょっと寄り道。

保津峡

保津峡にも寄り道してみました。
嵐山の上流にある風光明媚な場所で、川下りでも有名な場所です。
岩がごつごつしていて中々迫力のある場所です。
水も透明度が高くきれいでいい場所です。
早速釣り人が糸を垂れていました。

besan2005 at 14:13|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)その他 

嵐山・渡月橋にて

渡月橋

いい天気なので、嵐山に行ってきました。
3連休の真ん中だけに観光客の多いこと多いこと・・・
嵐山でも有名な観光地、渡月橋です。
渡月橋の名前は南北朝時代の帝、亀山上皇が橋の上にかかる月を
月が橋を渡ってゆくという風に見立てて名づけたのが始まりです。
昔の人って、なんでこんなにロマンチックな名前付けられるんだろう・・・

で、魚好きの私としてはどうしても川の中を観察したくなります。
渡月橋から少し上流に行ったところで観察しました。

目視で観察できたのは、
オイカワ・カワムツ・コイ・フナ・カマツカ・ズナガニゴイ
です。

カマツカは結構いましたね。砂地を網で掬えば、シマドジョウも採れるでしょう。

明日の朝、観光客が増える前にガサガサしに行ってみようと思ってます。

渡月橋下のコイ

これは、渡月橋下を泳いでいた大きなコイ。

besan2005 at 14:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)その他 

2005年09月17日

沈下橋と川下り

沈下橋と渡る車、行く小舟

下水道イベントの帰り、ちょっと遠回りでもしようと本流の方に
向かっていたら、なにやら違和感を感じる橋が・・・
そうか!この橋欄干がない!
そう、これがいわゆる「沈下橋」というやつです。
大雨などで川が増水し氾濫すると、橋の欄干に流木やゴミが引っかかり、
そのせいで水の抵抗をモロに受け、橋が流されてしまうのですが、
そんならと、最初から欄干を無くし、増水の際は橋ごと水の下に
沈めてしまおうというかなり思い切ったアイデアの橋です。
写真を見ての通り、一応車止め程度の出っ張りはありますが、
せいぜい15センチくらい。人でも車でも簡単に足を踏み外して落ちます。
上の写真は、ちょうど車が橋を渡り、下を川下りの小舟が
橋をくぐろうとしているところ。非常に絵になる風景で、何で今まで
知らなかったのだろうとちょっと悔しい気もしました。
で、写真撮った後、写っているワゴンが以外にすーっと渡っていたので、
もしかして車で渡るのってそんなに大変じゃないのかと
思って橋の前に立ちました。

一歩間違えば川の中・・・

・・・すいません。私には無理です。
運転が余りうまくない人は止めておいた方が賢明だと思います・・・

besan2005 at 12:29|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 古い橋 

アユモドキを大切にしましょう!

アユモドキ保護看板

一つ前の記事で私が見たかったといっていた「ある魚」
それは「アユモドキ」という魚です。

アユモドキという魚は、ドジョウ科の魚なんですが、体高が高く
全然ドジョウには見えない魚で、どことなくアユに似ているから
そう名づけられました。
実はこの魚、数が物凄く減っており、地域を定めない国の天然記念物に
指定されています。つまり、どの場所で採れても飼う事はもちろん
持って帰ってもダメ。というわけです。
天然記念物指定ですから、文化財保護法により罰せられますので。

続きを読む

besan2005 at 12:09|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)その他 

下水処理施設イベントでのミニ水族展示

アユ展示

私の住む街にある下水処理施設にて、イベントがありまして
そこで、街を流れる本流に棲む淡水魚展示をやってましたので、
見に行ってきました。
親子連れの多い中、明らかに浮いた男が一人・・・
キニスンナ! いつも近所の川でガサってるくせに。

展示場は、仮説テントに水槽が並べられ、そこに魚が入っているという
確かに簡単なものでした。

続きを読む

besan2005 at 11:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)その他 

ドンコ隔離水槽にイケニエ投下・・・

イケニエ投下・・・

隔離水槽のドンコたちが、一緒に入れておいたオイカワ稚魚を
一週間で食い尽くしたので、今朝、新たにオイカワ稚魚を捕獲して
イケニエとして隔離水槽に投下しました。
かわいそうな気もするが、ドンコも食わねば生きていけないし、
なるべく生き餌を与えたいので。

早速、右端に腹を空かせた大食らいが狙ってます・・・


besan2005 at 09:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)水槽観察記録 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見