2018年02月

2018年02月12日

京都市右京区円町・花園・仁和寺・太秦界隈の近代建築探索レポ日記

前回の花園界隈の近代建築に続いて、円町・花園・仁和寺・太秦界隈で探索した近代建築を紹介していきます。※年代は京都市近代化遺産調査報告書を参照しています。
弁天湯1 西ノ京藤ノ木町










まずは円町界隈から。弁天湯。西ノ京藤ノ木町。大正から昭和初期。
奥に見える洋館が弁天湯。手前の建物が邪魔をしていますが、手前の建物も近代建築。
弁天湯2













弁天湯3













中々洒落たお風呂屋さんです。ちなみに今でも現役。

前田邸1 太秦安井東裏町










M邸。太秦安井東裏町。
前田邸2










京都市近代化遺産調査報告書には未掲載ですが、戦前だとは思います。
主屋に付属する小さな洋館が可愛らしいです。

谷口邸1 太秦安井北御所町 昭和初期










T邸。太秦安井北御所町。昭和初期。門の奥に大き目の洋館が見えます。
谷口邸2










洋館部分をズーム。庭木で塞がれ良く見えない…
谷口邸3










別角度から。このお宅に来た時、家からクラシックの音楽が・・・
古い洋館にクラシック。優雅な朝だなぁ・・・

太秦安井東裏町の洋館1










太秦安井東裏町にある洋館。恐らく元商店でしょう。
京都市近代化遺産調査報告書には未掲載。
太秦安井東裏町の洋館2










今は商店としては使われていないようですが、住まわれてはいるのかも。

続いて北上して花園方面へ。
伊藤邸1 花園伊町










I邸。花園伊町。大正から昭和初期。
洋館付き住宅ですが、洋館の方もほぼ同じ大きさ。
伊藤邸2










別角度から。
伊藤邸3










洋館部分の窓には薔薇と思われるステンドグラスがあります。
近代建築でステンドグラスの窓を見つけると何となく得をしたような気分で嬉しいw

ヘヤーサロンイノウエ2 










ヘアーサロンイノウエ。花園天授ヶ岡町。大正から昭和初期。
看板建築っぽい散髪屋さん。
ヘヤーサロンイノウエ1 花園天授ケ岡町 













1階部分の装飾が凝ってます。窓には今では懐かしいガラスブロックを多用してますが、当時は珍しかったことでしょう。店主の自慢だったかも。
花園土堂町の洋館2










S邸。花園土堂町。京都市近代化遺産調査報告書には未掲載ですが、戦前かと。
花園土堂町の洋館1










かなり老朽化しており廃屋かなと思って玄関へ回ると玄関に大きな看板のような表札が。
もしかしたらよく廃屋と間違われるので大きな表札を掲げたのかも。

楠邸1 花園土堂町










K邸。花園土堂町。大正から昭和初期。ベランダ付きの小さな洋館の付く住宅。
楠邸 花園土堂町










小さいですが中々凝ってます。

花園大薮町の洋館1










花園大薮町の洋館付き住宅群。
花園大薮町の洋館2










この一帯にはこういった同じ感じの住宅が何件かあります。
いわゆる規格化された建売住宅だったのでしょうか。
奥野邸2










O邸。花園円成寺町。大正から昭和初期。
奥野邸3










主屋の前に洋館が付くよくあるスタイルですが、主屋自体も洋風な感じでいわゆる文化住宅でしょうか。主屋の脇の棚も当時のものかも。
伊吹邸1 花園天授ケ岡町 熊倉工務店 昭和初期










I邸。花園天授ヶ岡町。昭和初期。熊倉工務店設計の洋館で、今回最大規模のもの。
スパニッシュの洋館は大きく、門も立派なもの。
伊吹邸2










別角度から。
伊吹邸3










別角度から。玄関周りのデザインも素晴らしいものでしたが、奥まっているのでうまく撮れず。
伊吹邸4










同じ敷地内にはもう1棟、同じデザインの洋館が。同時期だと思います。
これほどの規模とレベルの洋館、文化財クラスのものと思いますが…。
熊倉工務店は戦前の京都で多くの住宅建築を手掛けた会社で、今後、熊倉工務店設計の戦前住宅が多く登場します。ちなみにこのI邸の近くに同じ熊倉工務店設計の京都帝国大学教授・山内得立の邸宅があったようですが、現存はしていないようです。
龍安寺西ノ川町の洋館1










I邸の北にある洋館付き住宅。龍安寺西ノ川町。

花園を後にし仁和寺方面へ。
宇多野柴橋町の洋館2










宇多野柴橋町の洋館。表札が見当たらなかったのでお名前が分かりませんでしたが、京都市近代化遺産調査報告書に掲載されている物件のうちの1つだと思います。
宇多野柴橋町の洋館1










中々素敵な洋館です。去る際に宅急便が来て配達員が入っていきましたので、現役ですね。
仁和寺界隈はこの1件しか見当たらず。オムロン記念館の方へは向かわずに太秦へ。

清水邸2










S邸。太秦堀ヶ内町。昭和初期。最初見たときは戦後物件と思い一応撮影したものですが、帰宅後に京都市近代化遺産調査報告書を確認したら掲載されていました。
清水邸1 太秦堀ヶ内町










玄関周りは確かに戦前っぽいと言われればそうかも。

山田邸1 太秦石垣町










Y邸。太秦石垣町。大正から昭和初期。
山田邸2










1階と中2階部分が町屋風の日本建築でその上に洋風の建物が乗る珍しい形。
増築したのでしょうか。

石田邸 太秦組石町










I邸。太秦組石町。大正から昭和初期。和館部分より洋館部分大きい住宅。
中々良い感じの建物なのでもう少し撮影したかったけど、住人の方が洗車をしていたので1枚だけ撮って退散。

藤島邸1 太秦組石町










F邸。太秦組石町。京都市近代化遺産調査報告書には未掲載ですが、ストビューで見つけて気になった建物。
藤島邸2










側面の様子を見て戦前じゃないかなぁと思わせられました。
徳力邸1










ギャラリー工房チェリ(徳力邸)。太秦組石町。昭和12年。国登録有形文化財になっている洋館。
徳力邸2










ハーフティンバーのイギリス・チューダー様式の洋館はさすがに見ごたえあります。
有名物件だけに多くのサイトや書籍で紹介されてますね。
徳力邸4










この洋館は施主の徳力さん自ら設計した建物。イギリスの古い客船の部材を再利用し建てられたため、完成当時でも古く見えたとか。内部も素晴らしく特に2階正面にあるステンドグラスの窓は必見とか。
申し込めば見学できるようですね。
ちなみにこの洋館は小学校の向かいにあり、子供達から「お化け屋敷」と呼ばれていたとか・・・

以上で円町・花園・仁和寺・太秦界隈の近代建築探索の報告は終わり。
次は衣笠から金閣寺・北野界隈の近代建築を紹介予定。

仁和寺五重塔の雪













ちなみにこの日は雪が降り積もる日で、探索中も雪が降ってきたりと寒い日でした。
仁和寺の五重塔もこの通り・・・


besan2005 at 22:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 近代化遺産

京都市右京区花園界隈の近代建築探索レポ日記

京都市内には現在も数多くの戦前からの洋館住宅が現存しています。
特に北山から北大路の間の一帯は大正から昭和初期にかけて住宅地として開発されたため、戦前の洋館住宅が密集して残されています。
今年に入り京都市西部の花園・太秦から北西部の衣笠・御室そして北部の北山から鞍馬口・出町柳を探索し、100件以上の戦前の洋館住宅を確認しました。今回それらの成果を順を追って報告します。
※年代等は京都市近代化遺産調査報告書を参照しています。
まずは、円町駅から花園駅までの花園界隈の近代建築を紹介。

ぱんぷきんハウス西の洋館1










ぱんぷきんハウス西の洋館2










ぱんぷきんはうす西の洋館付き住宅。右京区花園木辻南町。
京都市近代化遺産調査報告書には掲載されてませんが、戦前の住宅に違いないかと。
主屋の和館に洋館が付属するよく見かけるスタイルです。門も当時の物のようです。
ぱんぷきんハウス西の洋館3










通風孔が中々良いデザインでした。

瀧野邸3










瀧野邸2










瀧野邸1 大正から昭和初期










瀧野邸6










T邸。右京区花園巽南町。大正から昭和初期。京都市近代化遺産調査報告書掲載。
一見新しい建物に見えましたが、よく観察すると軒周りに装飾があり、基礎は煉瓦という古さを感じさせる建物。帰宅して調査報告書を確認したらやはり戦前の建物でした。
主屋に付属した洋館ですが、洋館自体が戸建てかと思うくらいの大きさです。
瀧野邸4










瀧野邸5










軒周りには地味ですがモルタルで作られた装飾があり、アクセントとなっています。

宝光井邸2










宝光井邸3










H邸。右京区花園木辻南町。大正から昭和初期。京都市近代化遺産調査報告書掲載。
生垣と庭木の奥に見える洋館。見づらいですが中々の規模でした。裏へ回ると屋根の部分が少しだけ確認できました。

藤井邸2 










藤井邸1 大正から昭和初期













F邸。右京区西ノ京中保町。大正から昭和初期。京都市近代化遺産調査報告書掲載。
細い路地の奥にあった下見板張りの洋館。ほぼ当時のままで改装されていないせいか古く見えます。
1階のアーチ窓が特徴的です。
藤井邸3










玄関にはレトロな照明付きの表札がありました。
花園界隈の近代建築探索はここまで。次は太秦・円町・御室界隈の近代建築を紹介します。



besan2005 at 06:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 近代化遺産

2018年02月02日

城跡探索記録・攻城レポ日記のリンク集

元々城好きが高じて2013年くらいから中世山城跡を中心に探訪を続けてます。

攻城レポ日記という名の訪城レポートを書きだしたのは2014年頃から。以来訪城した城跡はこまめに日記を書いてます。

ただ、書いている日記はmixiの日記。「みんなの日記」というmixiに登録しなくても誰でも閲覧できる公開にしてますが、ライブドアのこちらでも公開したいと思うようになりました。
ただ、これまで書いた攻城レポ日記は割と量が溜まっており、こちらへの転載も結構手間なのでこのたびmixiにて書いたこれまでの攻城レポ日記のリンクを張ることにしました。

今後、mixi内で書いたレポ日記はこちらにもリンクを張ることにしますのでよろしくお願いいします。

※mixiの日記ではありますが閲覧だけなら登録していなくても誰でも見ることができます。ただし、コメントは登録していないとつけることはできませんので、何か気になることがありましたらこちらのコメント欄にお願いします。
色の違う城名をクリックしたら、レポ日記が開きます。リンクの無いものは訪城はしたが日記は書いてないものです。
但馬八木城










※2014年
〇6月14日 京都府南丹市 丹波八木城跡
〇9月14日 兵庫県丹波市 黒井城跡
〇11月23日 兵庫県養父市 但馬八木城跡
有子山城雲海










※2015年
〇2月20日 京都府京都市右京区 周山城跡
〇3月26日 京都府南丹市 小山城跡
〇4月21日 滋賀県愛荘町 金剛輪寺
〇4月25日 兵庫県篠山市 丹波八上城跡
〇5月6日 兵庫県豊岡市出石 有子山城跡
〇12月30日 京都府綾部市 位田城跡・京都府福知山市 石原城跡
〇12月31日 兵庫県豊岡市出石 有子山城跡(再訪)

21015697_2211083972_164large










※2016年
〇1月2日 京都府福知山市三和町 経ヶ端城跡
〇1月9日 奈良県大和郡山市 大和郡山城
〇1月10日 京都府亀岡市宮前町 神尾山城跡 
〇2月13日 京都府南丹市宍人 宍人城跡 
〇2月19日 京都府亀岡市 丹波亀山城惣構遺構
〇2月25日・26日 奈良県宇陀松山市 宇陀松山城跡
〇2月27日 京都府南丹市日吉町 塩貝城跡
〇3月11日 京都府亀岡市宮前町 中世金輪寺跡石垣群
〇3月11日 京都府亀岡市西別院町 笑路城跡
〇3月20日 滋賀県東近江市 観音寺城跡 
〇4月16日 京丹波町須知 須知城跡 
〇5月1日 京都府福知山市 医王寺跡・新庄城跡
〇5月2日 京都府福知山市 鬼ヶ城跡 
〇5月3日 京都府福知山市奥榎原 中世観瀧寺跡
〇5月21日 京都府福知山市奥榎原 中世観瀧寺跡再踏査
〇6月4日 京都府綾部市 上林城跡
〇京都府綾部市 山家陣屋跡・甲ヶ峯城跡
〇6月11日 京都市一乗寺・渡辺館 
〇6月18日 京都府南丹市 丹波八木城跡
〇6月25日 兵庫県丹波市柏原町 柏原陣屋跡
〇8月20日 京都府京丹波町 上野城跡
〇8月27日 京都府南丹市美山町 島城跡
〇9月16日 滋賀県多賀町 敏満寺城跡
〇9月24日 滋賀県彦根市 佐和山城跡・彦根城
〇10月29日 京都府南丹市美山町 旧歓楽寺跡
〇11月4日 高槻市芥川山城
〇11月5日 京都府南丹市 黒田城跡
〇11月12日 兵庫県丹波市春日町 黒井城の雲海
〇12月3日 兵庫県篠山市 籾井城跡
〇12月16日 滋賀県愛荘町 目賀田城
〇12月24日 滋賀県近江八幡市安土町 安土城跡
21015697_2247549546_181large










※2017年

〇1月1日 京都府福知山市山崎 山崎城跡
〇1月7日 京都府南丹市園部町 埴生城跡
〇2月4日 京都府京丹波町 中畑城跡
〇2月4日 京都府南丹市日吉町 亀田城跡
〇3月5日 京都府南丹市日吉町 東胡麻城跡
〇3月5日 京都府南丹市日吉町 野化館跡
〇3月12日 京都府亀岡市 保津城跡
〇3月18日 京都府亀岡市 千軒寺跡(数掛山城跡下)
〇3月19日 京都府亀岡市 余部城(丸岡城)跡
〇3月20日 京都府亀岡市 穴太城跡
〇4月3日 京都府亀岡市 猪倉城跡
〇4月8日 京都府南丹市 丹波八木城西支城・内藤法雲曲輪
〇5月2日 京都府綾部市 高津八幡山城跡 段山城跡  将監城跡






besan2005 at 11:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 城郭 | 遺跡
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見