2020年04月

2020年04月12日

宮津市の近代建築探索レポ日記。

先日、宮津市内の近代建築を探索してきました。宮津市は何度も訪ねていますが、しっかりと近代建築の探索をしたことがなく、改めて探索をしようと今回行う事となりました。

今回の記事は宮津市街地内の近代建築となります。宮津市由良地区の近代建築の探索レポ日記は前回記事にしております。
宮津市由良地区の近代建築探索レポ日記
ミップルの側にある道の駅に車を停めて、あとは徒歩で市街地を探索。
1ジッソパルケ 宮津市新浜










ジッソパルケ。宮津市新浜。
2ジッソパルケ










だいぶ改装されていますが、昔見たときは結構古い下見板張りの建物でした。よく見たらオリジナルの姿が残されています。
3旧丹海本社 宮津市新浜 大正12年










旧橋北汽船本社。宮津市新浜。大正12年。
4旧丹海本社










宮津湾内の観光船を運営していた会社の本社事務所。現在は丹海交通の案内所として使用されています。
5新浜遊郭検番所か










宮津市の新浜地区はかつて遊郭街でした。いくつか当時の建物らしい住宅が残されてますが、そのうち気になったのがこれ。もしかしたら門番詰所だった可能性があります。
6新浜会議場 宮津市新浜 昭和初期










新浜会議場。宮津市新浜。昭和初期。古い街並みの中に挟まれるようにあります。
7旧医院 宮津市魚屋町 昭和初期










旧医院。宮津市魚屋町。昭和初期。道路側の外観はだいぶ改造されています。

8旧医院










玄関部分にかろうじて当時の雰囲気が残されています。
9茶六本館 宮津市魚屋町 明治期 昭和10年増築










茶六本館。宮津市魚屋町。明治期・昭和10年増築。国登録有形文化財。宮津市の老舗旅館です。
10旧小川湯 宮津市小川 大正2年










旧小川湯。宮津市小川。大正2年。外観が改修されているのであまり古そうに見えませんが、大正2年築。
11旧小川湯










斜め横から。
12旧小川湯










玄関部分の装飾に大正期の名残がありますね。
13佐藤医院 宮津市京街道 大正15年










佐藤医院。宮津市京街道。大正15年。宮津市内を代表する近代建築。
15佐藤医院










瀟洒で素晴らしい洋館。
14佐藤医院










これほどの建物なのに国登録有形文化財にもなっていないのが不思議。
16宮本会館 宮津市宮本 昭和4年










宮本会館。宮津市宮本。昭和4年。
17宮本会館










外観は当時の姿をよく残しています。
18カトリック宮津教会聖ヨハネ天主堂 宮津市宮本町 明治29年










カトリック宮津教会聖ヨハネ天主堂。宮津市宮本。明治29年。京都府指定文化財。宮津市を代表する近代建築で、宮津市で一番有名な近代建築。何でも日本で2番目に古いカトリック天主堂だとか。
19カトリック宮津教会










内部は畳敷きで知られるカトリック宮津教会ですが、老朽化による痛みが大きく内部には入れず。早々の修復が望まれます。
20カトリック宮津教会










21カトリック宮津教会










側面・背面はまた違った趣があります。カトリック宮津教会は昭和2年の北丹後地震で被害を受け、修復を受けています。
22宮津小学校 自彊館 宮津市字外側 昭和6年










宮津小学校 自彊館。宮津市字外側。昭和6年。宮津小学校の小講堂だった建物を移築したもの。
23中村眼科医院 宮津市魚屋町 昭和初期










中村眼科医院。宮津市魚屋町。昭和初期頃。
24中村眼科医院










玄関部分に趣がありますね。外観も当時の姿を保っています。内部が気になるところ。
25宮津聖アンデレ教会 宮津市島崎 昭和3年










宮津聖アンデレ教会。宮津市島崎。昭和3年。素朴で落ち着いた色合いの下見板張りのレトロ教会。
26宮津聖アンデレ教会










教会堂。
27宮津聖アンデレ教会










牧師館。牧師館は現在は使用されていないようです。
28洋館付き住宅 宮津市島崎 昭和初期か










宮津聖アンデレ教会の近くにある洋館付き住宅。宮津市島崎。昭和初期頃か。塀があるため見づらいですが、付属洋館は中々のレベルです。
29清輝楼 宮津市魚屋町 明治34年










清輝楼。宮津市魚屋町。明治34年・大正13年増築。国登録有形文化財。宮津市最大かつ老舗の旅館。創業は元禄年間で、吉田茂や芦田均といった首相経験者の政治家や、菊池寛・吉川英治・上村松園といった著名人が数多く宿泊した旅館です。
30洋館付き住宅 宮津市島崎 昭和初期か










新大手橋の側にある洋館付き住宅。宮津市島崎。昭和初期頃か。立派な洋館が付属する住宅。
31洋館付き住宅










背面を見ても規模の大きさが分かります。
32中村邸 宮津市島崎 昭和初期か










M邸。宮津市島崎。昭和初期頃か。こちらも大きなお屋敷です。
33冨田屋










さて、一通り探索をした後の宮津での昼食は宮津駅前にある富田屋(とんだや)さん。昭和10年頃創業とのことで、この店舗も恐らく創業当時のもの。宮津で昼食となった際にいつも足を運ぶ富田屋さんですが、理由は店舗がレトロだからと言うわけではなく…
DSC_0632







ここの煮魚定食が本当に旨くてしかも安い!この定食で550円です!
富田屋メニュー







富田屋さんのメニュー。信じられない安さ。
富田屋メニュー













お店で出す料理の魚は地元産のもの。安くて旨い魚料理を出す店のため、お昼時はお客さんでいつもいっぱい。夜も地元の常連客らしき人が地魚料理をつまみに盛り上がってますw
富田屋宿泊代













ちなみに富田屋さん宿泊できます。しかも1泊2食付きで6000円と言う安さ。レトロな部屋で美味しい魚料理を頂ける私の大のお気に入りのオススメのお店です。

以上で宮津市の近代建築探索は終了。建物や古い街並みを見れるし、日本海の幸も楽しめる良い街ですよ。



besan2005 at 10:58|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 近代化遺産

宮津市由良地区の近代建築探索レポ日記。

宮津市の由良地区には良質な近代建築がいくつか残されています。今回、由良地区の近代建築を訪ねてきました。宮津市街地の近代建築探索レポ日記はこちら。
宮津市の近代建築探索レポ日記。
由良川橋梁










由良川橋梁。大正13年。全長552mもある鉄橋。
由良川橋梁2










かつては国鉄宮津線の鉄橋でしたが、現在は京都丹後鉄道の鉄橋。
由良川の河口に架かる鉄橋ですが、まるで列車が海の上を走るような姿は有名な撮影スポットとなっています。
1四方医院 昭和6年










旧四方医院。昭和6年。設計施工・中西熊太郎。国道176号線に面して建つ洋館の医院。
2四方医院










中々立派な医院です。かつては由良地区のランドマークだったのでしょう。現在は使われていないようですが、是非活用方法を見出して欲しいです。
3浜野路公民館 昭和2年










浜野路公民館。昭和2年頃。設計施工・中西熊太郎。
5浜野路公民館










下見板張りのレトロな公民館。痛みも少なく大切に使われています。
4浜野路公民館










浜野路公民館の玄関部分の装飾。
6脇公民館 昭和2年










脇公民館。昭和3年。設計施工・中西熊太郎。
7脇公民館










由良地区の近代建築は中西熊太郎という人が手掛けています。地元の大工さんでしょうか。
こちらも最近修復されたようで大切に使われています。
8千軒長者の館(旧農協) 昭和初期か










千軒長者の館。昭和初期頃か。
9千軒長者の館










元農協の建物だったとか。建築年代は不明ですが、建物の様式から浜野路公民館・脇公民館と同じ昭和初期頃かと。設計施工も中西熊太郎かもしれません。現在は北前船資料館や販売店となっています。
10由良小学校正門










由良小学校の正門。由良小学校の建物は失われてますが、正門の門柱と塀は残されています。
由良小学校










外周の塀と正門はほぼ当時のまま。
由良小学校








かつての由良小学校。この校舎が残ってたら、さぞかし見ごたえあったでしょう。
由良神社










近年、ブラウザゲームの「艦隊これくしょん 艦これ」の影響で、軽巡洋艦由良ゆかりの場所(軽巡洋艦由良は由良川から命名)としてファンが訪れるようになりました。ここは由良神社。最近ファンが自主的に掃除をして新聞の記事になってました。
人気ゲーム「艦これ」聖地で清掃交流 キャラ名由来の由良神社にファン、住民と絆 | 京都新聞
IMG_6254










由良地区にある丹後由良駅の駅構内はファンが持ち込んだ由良さんグッズ等でいっぱい。
IMG_6255










IMG_6256










IMG_6257










IMG_6259










地元の人も割と乗り気のようです。
IMG_6258










由良由良してきたwww
艦これと言えば隣の舞鶴で以前から盛り上がってますが、宮津市にも派生して影響を感じますね。由良地区に新たな名所が出来て若い人が訪問するのは良いですな。由良神社の社務所で交流会もあったことですし。
由良さん







ちなみに我が艦隊の由良さん(ケッコン済み)。実家の街が由良川を流れる街で、由良川は昔から親しみのある川だったので、艦これのプレイ当初から手に入る由良さんには思い入れがありましたねぇ。


besan2005 at 08:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 近代化遺産

2020年04月09日

旧海軍舞鶴鎮守府水道施設遺構群・探索レポ日記。

2020年4月4日、舞鶴市にある与保呂浄水場の一般公開に行ってきました。
与保呂浄水場のある岸谷貯水池と上流の桂貯水池は、旧海軍の舞鶴鎮守府所属の艦艇に補給する用水を確保するために作られた軍用水道施設で、明治33年に桂貯水池、大正10年に軍用水源地増強のため岸谷貯水池が造られました。現在は舞鶴市水道局の管理となっていますが、近代水道施設として貴重な存在であるため、平成15年に桂貯水池・岸谷貯水池とも国指定重要文化財に指定されました。

まずは岸谷貯水池へ。
1岸谷貯水池










岸谷貯水池沈砂池。大正時代当時のもの。
2岸谷貯水池取水口










岸谷貯水池取水隧道。旧海軍時代の姿を良くとどめている遺構。
3岸谷貯水池放水路海軍マーク










隧道のキーストーン(要石)の部分には海軍の二重波マークが。
扁額がありますが、「科」の横の文字が読めないw
ちなみに、堰堤上には当時の取水塔が残されていますが、今回失念してしまいました。来年行けましたら撮影して追記したいと思います。
5岸谷貯水池水飲み場










古そうな水飲み場。蛇口部分は新しくなってますが、コンクリートの本体が古そうにみえます。
当時のものかは分かりませんが。
4岸谷貯水池放水路










岸谷貯水池の東側には放水路があります。これも当時のもの。
この放水路の東側に何やら整地をした区画があり、気になって探索したところ、
6岸谷貯水池貯水槽跡







コンクリートの構造物を発見。ポンプの金具のようなものもあり、貯水槽の跡ではないかと推測。
7岸谷貯水池貯水槽跡鉄蓋










貯水槽跡と思われるコンクリート構造物の側には鉄蓋があるのを確認。ただ、錆が酷く銘文やマークなどは確認できず。よく洗うと判明するかもしれませんが。
IMG_3744










こちらは、かつての舞鶴海軍工廠だったJMU舞鶴事業所の正門前に残された錨マーク入りの海軍工廠時代のマンホール。参考までに。
さらに、貯水槽跡の周囲には。
8岸谷貯水池海界境界杭1













海軍施設の境界杭である「海界」の石柱が。
与保呂浄水場遺構配置図







岸谷貯水池東側の遺構配置図。上の境界杭は番号
9岸谷貯水池海界境界杭2










番号の境界杭。「海界」の「界」が埋もれています。
10岸谷貯水池海界境界杭3













番号い龍界杭。
11岸谷貯水池海界境界杭4













番号イ龍界杭。ここには恐らく後述の桂貯水池へと至ると思われる旧道が残されており、配置からこれら4本の境界杭は道の境界を示すものであったかもしれません。
岸谷貯水池から上流に向かって進むと、最初に作られた軍用水道施設である桂貯水池に至ります。
12桂貯水池堰堤1










桂貯水池堰堤。明治33年に完成した舞鶴の軍港に停泊する艦船へ水を供給する軍用水道の貯水池で、やや下流にある現在は駐車場となっている広場から伸びる旧道を進むと堰堤の下へと至ります。
旧道の法面には当時の石積が残されています。
※桂貯水池の堰堤上は立ち入り禁止となっています。
13桂貯水池堰堤2










桂貯水池堰堤を正面から。丁度クレストゲートから水が越流していました。石張りの堰堤から流れ落ちる3本の水流。美しい姿・・・。
14桂貯水池水門







堰堤の横には取水口隧道が。扁額には海軍中将伊藤雋吉の揮毫による「清徳霊長」の文字が刻まれています。
16桂貯水池水門海軍マーク










取水口隧道のキーストーンには岸谷貯水池と同じく海軍の二重波マークが。
15桂貯水池水門内部







内部は煉瓦造りになっています。
17桂貯水池海界境界杭










桂貯水池の道沿いにあった「海界」の境界杭。

あとから知ったのですが、この桂貯水池の上流に同じく重要文化財に指定されているいくつかの堰堤があるようなので、岸谷貯水池の取水塔と合わせて後々探索したいと思います。



besan2005 at 21:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 旧軍遺構
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新のお客様のご意見