2005年10月29日

そうじやさん

正面どアップ


第1水槽で唯一生き残ったスジエビくん。
他の仲間が魚たちに食い殺されていった中、
コイツは生き残ることが出来ました。


たぶん、7センチという大きさが幸いしたのかなと思います。

足の関節の黄色がきれいですね。これはスジエビの特徴の一つでもあります。
このスジエビくんは、他の魚に襲われることなく
水槽の底で、食べ残しなどを処理し続けてます。
目の前の水草は、「ウィローモス」。ミナミヌマエビなどの
ヌマエビ科はよくツマツマ突いていますが、肉食性のテナガエビ科である
スジエビは余り食いません。コケもとらないけど・・・


ちなみに、スジエビは旨いです。から揚げとかおつまみにぴったりです。
居酒屋とかで「小エビのから揚げ」として出てくるのは
スジエビかテナガエビです。
スーパーでも、「川えびの佃煮」として売られているのは、
スジエビが使われているものです。

もちろん、私は「飼っている」スジエビは食いませんよ。

besan2005 at 14:58│Comments(4)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック (旧版)水槽観察記録 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 食用テナガエビ!  [ たもバカ日誌! ]   2005年10月31日 03:15
タイムリーな記事に出会いました・・・・・ <FONT SIZE="4" COLOR="blue"><U><B>福井で暮らす</B></U></FONT>http://blogs.yahoo.co.jp/daremo050219 のdaremoさんの記事・写真を転載させて頂きました &lt...

この記事へのコメント

1. Posted by KAZU   2005年10月31日 19:20
スジエビを食べ尽くしてしまうなんて
第一水槽は何飼ってるんですか?
2. Posted by べーさん   2005年10月31日 20:02
>>KAZUさん

ええっと、ヤリタナゴ・カワヒガイ・ムギツク・
タモロコ・フナ・モツゴ・カワバタモロコ・
メダカ・オイカワ・カマツカ・ツチフキ・
シマドジョウ・ホトケドジョウ・ワタカ・
タイリクバラタナゴ

がいます。

主に食っていたのは、
ヤリタナゴ・カワヒガイ・ムギツク・
タモロコ・フナ・モツゴ
です。

まず、ムギツクが突きまくって殺し、
そのあと、上記の連中が寄ってたかって
食い尽くすという感じでした・・

一応記事にもしてますよ。犯行直後の様子とかw

3. Posted by KAZU   2005年11月03日 02:11
うわっ、けっこうサバイバルな環境ですね!

魚たちも妙なとこで連携してるんですね・・・
4. Posted by べーさん   2005年11月03日 06:07
>>KAZUさん

食うときになると・・・ねぇw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見