2006年04月23日

舞鶴に護衛艦隊集結5

護衛艦隊遠景






日本各地の護衛艦隊が終結して集合訓練をするために舞鶴に終結していると聞き、
これは行かねばと、土曜日に見学に向かいました。
東舞鶴の自衛隊桟橋を望むことの出来る山にちょっと登って遠景を撮影。
多数の艦艇が終結している様は中々圧巻ですね。
ヌルい軍ヲタで(というかメカ好き)で艦艇好きな私は、
早くも興奮気味。はやる気持ちを抑えつつ桟橋へ向かったのでした。

以下、見学した艦艇を紹介していきますね。

*今回写真・文章多めです。順番にゆっくりご覧下さい。


ちょうかい






海自の護衛艦で一番有名なイージス艦。
正確には、「イージスシステム搭載ミサイル護衛艦」
艦橋部分にある8角形の板のようなものがレーダーで
「フェイズド・アレイ・レーダー」といい、
イージス艦最大の特徴です。
艦橋に4面付けられているこのレーダーは、
一つが90度の範囲をカバーし、4つで全周囲。
従来のグルグル回るレーダーと違いタイムラグがなく、
一度に200近い目標を補足、対処できる高性能な機器です。
現代における防空の要。護国の盾といわれる所以です。
現在就役しているイージス艦はこんごう型の4隻ですが、
この「ちょうかい」は、その4番艦。
舞鶴を母港とする「みょうこう」がいないかなと聞いてみましたが、
みょうこうは改修のため、ドック入りしているそうです・・・
ちょうかい2






艦尾から見た「ちょうかい」。他の艦にくらべでかいです。この艦の横に
2隻「ゆうだち」と「たかなみ」という艦が2隻いて、どちらも大型艦なんですが、
ちょうかいに隠れて見えない有様です。基準7250トンという、
旧海軍の重巡洋艦なみの排水量を誇るだけのことはありますね。
ちょうかい127mm砲






ちょうかいの127mm速射砲。ちょうかいの主砲で、1分間に80発砲撃できます。
結構でかい砲でした。無人操作の砲で、オートメーション化されています。
ちょうかいVLS






ちょうかい艦尾のVLS。VLSとは、コンテナ型のミサイルランチャーで、
従来のランチャーと違い、格納コンテナも兼ねているので、装填の手間を省き
飛来する多数の目標に対して従来よりも瞬時に対応できるという
最新の優れものの兵器です。
また、VLSには対潜水艦用のアスロック、対空用のシースパローを搭載していますが、VLSの優れたところはミサイルによってランチャーを使い分ける必要がなく、
どのミサイルも装填・発射できる点にあります。

停泊している艦のうち、いくつかは色々見学できるようでしたので、
見学させてもらいました。
ゆうだち艦橋






ちょうかいの横に「ゆうだち」という艦が停泊していて、
その艦は艦橋内部まで見せてもらいました。ゆうだちは、むらさめ型汎用護衛艦の
3番艦で、4400トン。護衛艦の中でも新式の艦です。
艦員のかたの案内で、ラッタルという狭く急な階段を上がり、
3階分くらい上がった最上階にあるのがこの艦橋です。
赤い椅子は艦長席。見晴らし最高!
ゆうだちVLS






ゆうだちのVLS。VLSはむらさめ型から採用されており、
イージス艦のこんごう型・最新汎用護衛艦のたかなみ型も採用されています。
ゆうだち76mm砲






ゆうだちの主砲76mm砲。
ちょうかいの127mm砲に比べれば小さい砲ですが、1分間に100発撃てる
大砲です。こちらも無人操作。
ちなみに、改むらさめ型のたかなみ型は大型艦に76mmはちょっと不釣り合いでは
とのことで、127mm砲を採用しています。
ゆうだちCIWS






艦橋前部にある高性能20mm機関砲通称CIWS。飛来するミサイルや
航空機を迎撃するための最後の砦となる近接防御用機関砲。1分間に3000発
発射するすごいものですが、これで撃ちもらすともうおしまいです・・・
ゆうだちハープーン






艦対艦ミサイル、ハープーン。射程200〜300kmで、
レーダー誘導により敵の艦艇を撃破するミサイルです。
かなり強力でそして高価ですw
ところで、これら兵器は年に1回くらいは使うの?と質問したら、
主砲はだいたい月1回、ミサイル系は半年くらいに1回使うそうです。
ただし、ミサイルは爆薬を抜いて発射し、浮かんできたミサイルを回収して
再利用するそうです。
ゆうだちヘリ格納庫






ゆうだちのヘリ格納庫。現在の護衛艦は、どの艦も艦尾に発着用の甲板と
対潜用ヘリの格納庫を持っています。
はるな・しらね・くらま・あすか






次に見学したのが、ヘリコプター護衛艦「しらね」5200トン。
左から2番目の艦で対潜ヘリコプター運用に特化した大型艦です。
ただし、旧式化しつつあるため、現在ヘリ空母ともいえる13500泥ラスの
ヘリコプター護衛艦が計画されています。
左から、ヘリコプター護衛艦の「はるな」「しらね」「くらま」一番右が
試験艦「あすか」開発中のさまざまな機器をテストする艦艇です。
せとぎり舷側






しらねの舷側。このゴテゴテ感がたまらない!
せとぎりアスロックランチャー






しらねのアスロックランチャー。旧型の艦なのでVLSではなく、このような
ランチャーになってます。アスロックとは、対潜魚雷にロケットを付けたもので、
高速で飛翔し、目標近くに来るとロケットを分離、パラシュートで着水し水中からは
目標を追尾して撃破する魚雷です。

そのほかにも乗艦できなかったけれど、多くの艦艇が停泊していました。
おおすみ






輸送艦おおすみ。8900トン。いわゆる揚陸艦なんですが、全通甲板なので
空母!と騒がれたことがありましたが、空母じゃありませんし
空母として使用できません。
たちかぜ・さわかぜ・はたかぜ・あさかぜ






かぜ型ミサイル護衛艦の姉妹艦で、
左から「たちかぜ」「さわかぜ」「はたかぜ」「あさかぜ」
4600トンの大型艦ですが、旧式なのと新鋭ミサイル護衛艦として、こんごう型
イージス艦が配備されているので徐々に退役していくと思われます。
たちかぜは、ミサイル護衛艦としての役目を終えて、護衛艦隊の旗艦を勤めています。
ゆうぎり・せとぎり・うみぎり






きり型汎用護衛艦の姉妹艦で、左から「ゆうぎり」「せとぎり」「うみぎり」
3500トンです。こちらもやや旧式化しつつある艦たちです。
はやぶさ・うみたか






高速ミサイル艇の「はやぶさ」「うみたか」
北朝鮮の工作船事件に対処するために設計された最新の高速ミサイル艇で
46ノットもの速力を出すことが出来ます。
200トンという小型艇ですが、主砲は「ゆうだち」と同じ76mm砲。
さらには対艦ミサイルのハープーンまで装備している強力な艦艇です。
内火艇






各艦艇には「内火艇」という原動機付きボートが搭載されていて、
物資や人員の運搬や雑用をする船です。
こんな感じで頻繁に行ったり来たりしてました。
旭日旗






今回は自衛官の方に丁寧に案内していただきました。
国土を守るために日夜激しい訓練をされるだけでなく、民間人へのサービスも
欠かせない任務に頭が下がる思いです。
皆様ご苦労様でした。良い物を見せていただいてありがとうございました!

besan2005 at 13:23│Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 軍事ネタ 

この記事へのコメント

1. Posted by しんえもん   2006年04月23日 21:57
舞鶴・・さすが元鎮守府!
その昔私も護衛艦に体験航海で乗艦したことがありますが、やはりいいものですなあ。
2. Posted by きつね   2006年04月23日 22:04
圧巻ですね。格好いい。

歴史好きなので、古い艦船は結構好きですが、最近の艦船はネーミングがちょっと微妙。

こういう機会ってうらやましいな。近くでやらないかな〜。
3. Posted by べーさん   2006年04月23日 22:26
>>しんえもん殿
おお、同士よw。今回はたまたま知ったので運がよかったといった感じでした。
いつもこの桟橋には7隻くらいいますが
さすがに20隻近く集結すると迫力ありますね。こんどは体験航海をしてみたいです。しんえもん殿の家からなら佐世保が
一番近いのかな。

来年の夏には「あたご」が舞鶴に来る予定です。見に行かねばw

>>きつねさん
実際見ると迫力ありますねぇ。
ネーミングは・・・しょうがないですね。私は漢字表記のほうがカッコいいと思うのですが、それでは旧海軍の艦艇とごっちゃになってしまうし。
まぁ、今の護衛艦の艦名も旧海軍から
取ってますが。
きつねさんところなら、近いのは横須賀かな。
4. Posted by きつね   2006年04月23日 23:06
>>べーさん

詳しいですね。最近の艦名も旧海軍からのものなんですね。知りませんでした。

確かに感じ表記がいいですよね。「愛宕」のように。

戦艦よりもむしろ空母の翔鶴、瑞鶴、蒼龍のような名前が好き。
5. Posted by べーさん   2006年04月24日 00:11
>>きつねさん
蒼龍・飛龍・瑞鶴・翔鶴の名前は
確かにかっこいい!。
なんかめでたそうですしw
ちなみに、もうすぐ起工するヘリ空母は
「あかぎ」になるのかなぁとちょっと思ってたり・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見