2009年08月13日

石原駅跨線橋

石原駅1山陰本線の石原駅にある跨線橋。
実はこの跨線橋、明治か大正期のものを
移築した可能性の高いもの。




石原駅2跨線橋を支えている柱は鋳鉄製ですが、
この柱が明治大正期に良く見られるデザインの柱です。
しかし、柱の土台はコンクリートで、
移築したものと分かります。







石原駅3跨線橋内部の鉄骨トラスもリベット打ちの古いタイプ。
戦後にどこかの駅(それも主要な駅)から
お下がりでまるごと移築してきたのでしょう。駅の台帳があれば、何処からの移築か分かると思うのですが。


besan2005 at 09:17│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 鉄道・交通 | 京都府

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見