2009年09月24日

舞鶴要塞・槇山砲台跡

建部山砲台跡を見学した後、お次は槇山砲台跡へ。
西舞鶴の湾の先にある砲台は、NHKやNTTの電波塔やパラグライダーの離陸場所があるせいか、山頂に至るまでの道は舗装され車でも行けるようで、こちらは本当に気軽に行ける砲台跡のよう。

一旦とれとれ市場に戻り、それぞれの車で向かうことになったが、
とれとれ市場がかなり込み合っており、長く路駐できないので、私はnagaiさんの車に便乗させてもらうことに。

槇山砲台までの道のりは舗装されているとはいえ、旧軍道をそのまま舗装したような感じなので、車一台分の幅員しかないうえにヘアピンカーブの連続。油断はできない…
その道の途中に…
槇山石橋建部山で見たのと同じアーチの石橋が。
やはりアーチ部分だけコンクリでそこから上の石積みの積み方が荒い…
改修したのかそれとも当初からこのままなのか・・・


槇山砲台弾薬庫6車で上がりきった先に弾薬庫跡が見えてきました。
舗装された道に沿って弾薬庫が並んでいます。
しかし、車で来れる位置にあるせいか、荒れ方がひどい。キッチンのシンクが放置されていたりゴミが散乱したり落書きがあったり…。肝試しでやってきたやつとかDQNが面白半分に荒らしていったのか。正直がっかり感とやるせなさで複雑な気分になりました。まぁ、落書きするやつはこういう近代化遺産の貴重な遺構なんて何とも思ってないんだろうけど。(旧日本軍憎しのあまり、客観的に近代の遺構として評価できずに侵略戦争に加担した砲台跡なんて壊せとか言ってる馬鹿もいますけどね。防備用の永久砲台が侵略ってwww)
まぁ、なんにせよこういう廃墟は人知れず山中にひっそりと眠り続けるのがいいのかも。雰囲気的にも遺構保存的にも。
もしくは完全に遺跡公園として整備してしまうとか。
中途半端なのがいけないんでしょうなぁ。
そう考えると、次に向かった金岬砲台は跡は素晴らしかった。

槇山砲台弾薬庫2弾薬庫を上がったところにある煉瓦理構築物。砲座っぽくは思えないのでなんの構造物なのか分かりません。
それに中途半端にへっこんだアーチの部分。窓でもないしなんでしょうかね。これ。

槇山砲台退避壕こちらは、弾薬庫跡からやや離れた場所にあるコンクリートの構造物。
恐らく、昭和期に作られた防空砲台用の退避壕でしょうか。中は結構広いです。




槇山砲台跡は遺構自体は立派でしたが、なんせ荒れ方が…
どうにか改修して再利用できる道はないでしょうかね。
舞鶴市内の各砲台跡の中で一番行きやすい場所だけに
もったいない気がします。

P9220084正直残念な状態になっていた槇山砲台跡でしたが、ここからの眺めは本当に素晴らしいものでした。
この写真は海側のものですが、西舞鶴の市街もきれいに見渡せました。
なるほど、これなら敵艦艇とかしっかり把握できるわ。



besan2005 at 23:59│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 旧軍遺構 | 京都府

この記事へのコメント

1. Posted by 村瀬佐太美   2010年09月24日 17:38
お邪魔します。

石橋の件ですが、アーチ輪石部はコンクリートでよろしいでしょうか?

石積みの補修ではありませんですね!

学者の中には石橋の範疇に入れておられる方もありますので念のため。

 なお、石橋研究家の故山口祐造氏は石橋には入れておられませんでした。

 小生、現物は7年前に見ておりますが、石橋扱いしておりませんでした。   10.9.24 
2. Posted by べーさん   2010年10月28日 13:13
村瀬様

アーチ部がコンクリなのか石造の上からモルタルを張っているのか
ちょっとわかりませんでした。

ただ、感じとしては弾薬庫のアーチとにてるきもします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見