2009年09月25日

舞鶴要塞・金岬砲台跡

舞鶴要塞見学ツアー最後の場所となる金岬砲台跡は、槇山砲台跡のある同じ峰にあるようで、槇山砲台跡へ行く道路の途中にあるカーブ部分から伸びている旧軍道から向かいます。
普通に走っていたらまず気付かないけど、車を降りて良く観察したら、各砲台跡で通ったのと同じ幅員の道が伸びている。
山中の山道でこんな幅の広い道なんてまずないから、砲台跡探索にはいい目印になります。
道自体は広くしっかりしているので通行困難というわけではないけど、金岬砲台跡へ至る旧軍道に関しては、他の砲台跡と違い(まったく道の無くなった浦入砲台は除く。)人がほとんど通らなくなったためか、倒木が散在したり泥濘があったり、挙句の果てには途中大きく崩落している箇所があったりと状態はそんなによくない。しかし、そのおかげでこのあと目にする遺構の素晴らしさが保たれていたのかもしれませんが。

金岬砲台衛門2どれくらい歩いたか。
突如目の前に現れる衛門の門柱。
本当に突然現れるからびっくりするww
こちらは門柱だけでなく、脇の石柵も残っていて状態良好。


金岬砲台弾薬庫5そしてその先に見えてくるおなじみのデザインの弾薬庫。しかし、保存状態はこれまでで一番ではないだろうか。




金岬砲台弾薬庫1普通、弾薬庫の入口あたりとかは金物目当てで終戦のどさくさにはぎ取られ、その際に大きく破壊されることが多いんだけど、金岬砲台の弾薬庫は、金物自体は取られているけど、破壊の度合いがごく少ない。
煉瓦壁は焼き過ぎ煉瓦とかを使って巧みに変化を持たせて実に華やか。当然ゴミも落書きもなく本当にきれい。
金岬砲台弾薬庫内部1弾薬庫内部。
カビはしょうがないけど、それでもこの状態の良さは素晴らしい。
中に入っていて怖い感じが無いもの。



金岬砲台弾薬庫内部通路1各弾薬庫をつなぐ通路。
まるでダンジョンのような雰囲気。
これは廃墟では無い、遺跡だ。




金岬砲台跡は保存状態の良さだけではない。規模もかなりでかい。
弾薬庫も下に5つと上がった所に3つ。
そして、砲座と砲側庫が2つ以上。
葦谷砲台クラスかそれより大きい気もする。

金岬砲台砲側庫1
下の弾薬庫跡の階段を上がり、上の弾薬庫から左に向かうとある砲座等の石積みの擁壁。木々に埋もれる石積みの壁は、まるで古代遺跡のよう。


金岬砲台砲側庫4砲座跡の脇にある砲側庫。
吉坂や建部山にあったのと同じで、
内部も銃窓のあるクランク状の部屋ですが、規模が他よりでかい気がする。



金岬砲台砲側庫2砲側庫へと降りる階段も健在。
擁壁側のこの石の出っ張りはなんだろう。
砲座と砲側庫のセット、現地では2つ見学できますが、木々で藪になっている場所を覗くと
まだ続いているようで、3つ4つはありそうです。




写真の遺構のほか、トイレ跡と思われる煉瓦の建物跡や石積みの擁壁に囲まれた建物跡の基礎石。貯水槽などもあり、かなりの要塞跡だったことが分かります。それ以上に驚いたのは、途中の旧軍道や敷地内に明らかに他から持ってきたと思われる玉石が敷かれていたこと。他の砲台跡では見られなかったもので、思った以上にこの金岬砲台跡は重要拠点として位置していたのではと思われます。
さらに、当時使われていた遺物も敷地内に散乱していたのも驚き。
「日本麦酒鉱泉」のサイダー瓶やキリンビールの瓶。一升瓶や小瓶といった大正から昭和初期の瓶がそのまま転がっていたり、茶碗なども落ちていました。
金崎砲台は昭和6年に廃止にされ、その後は放置されたと思われますが、現役だった頃、砲台に勤務していた兵隊さんや将校たちは、時折運ばれてくるサイダーやビールを飲んで楽しんでいたのでしょう。
遺構としての砲台跡だけでなく、当時使われていた道具が70年以上そのまま残されているこの場所。他の砲台跡以上に生々しく当時の様子を伝えてくれるその姿に感動しきりでした。
もっと見ていたい気分に駆られましたが、なにせ最後の訪問地で時間も夕方になりつつあり、惜しみながら後にしました。

浦入砲台弾薬庫煉瓦壁22日にわたる舞鶴要塞見学ツアーは私にとって大変有意義なものとなりました。
特に一番トリとなった金岬砲台跡は予想を超える素晴らしさで大満足。ぜひとももう一度訪ねて見たいと思いました。
私一人では到底辿りつくことができなかった砲台跡を巡ることができたのは同行していただいた皆様のおかげでもあります。



ちなみに、私的これまで巡った舞鶴要塞の感動度をランキング。

1位・・・金岬砲台跡
2位・・・葦谷砲台跡
3位・・・浦入砲台跡
4位・・・建部山砲台跡
5位・・・吉坂堡塁跡
6位・・・槇山砲台跡

砲台跡にランク付けというのもヘンですがw
まぁ、個人の好みということで。

besan2005 at 01:03│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 旧軍遺構 | 京都府

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見