2014年05月31日

丹波笠次病院 京丹波町須知地区

旧須知小学校のある須知地区は旧山陰道の街道沿いの町として
発展してきた町でした。
現在は集落の前を拡張された国道9号線を通り、そちらが本通りとなっていますが、
かつては須知地区を通る道がかつての街道でした。
現在もかつての旧須知町の中心だった面影が残されています。
その中で戦前の洋館の医院が現在も残されています。
須知1








丹波笠次病院の旧館。典型的な昭和初期の地方の木造病院建築。
須知2








だいぶ老朽化はしているものの、当時の面影は良く残されています。
須知3








裏手はペンキも無くかなり傷んでいる様子が。
丹波笠次病院はこの旧館のそばに新館が建てられておりますが、
老朽化しているとはいえ、よく残していただいていると思えます。
須知4








街道沿いには古い町屋もいくつも残され、
かつての旧山陰道の面影を伝えています。

besan2005 at 20:24│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 医療機関 | 京都府

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見