2019年01月27日

鈴鹿市・亀山陸軍病院跡〜第一航空軍教育隊跡〜北伊勢陸軍飛行場跡探索レポ日記

去年10月(2018年10月21日)に三重県鈴鹿市にある亀山陸軍病院・第一航空軍教育隊・北伊勢陸軍飛行場の遺構群の探索を行いました。
鈴鹿市には他にも鈴鹿海軍工廠や鈴鹿海軍航空隊等の旧軍遺構が残されており、うち鈴鹿海軍工廠の方は探索を終えレポ日記を書いています。
※鈴鹿海軍工廠遺構群探索レポ日記
探索行程













今回の探索ルート。
加佐登駅を出発し、まずは亀山陸軍病院の跡地へ。
亀山陸軍病院は昭和16年に開設した近隣の北伊勢陸軍飛行場や翌年開設の第一航空軍教育隊によりそれらの患者を収容するために昭和18年に開院した陸軍病院で、全国にあった陸軍病院の中では比較的新しいものでした。戦後、亀山陸軍病院は鈴鹿病院の敷地となり当時の建物は残されていませんが、外周にいくつか遺構が残されています。
1亀山陸軍病院東門外側から










亀山陸軍病院東門。
2亀山陸軍病院東門内側から










コンクリート製のシンプルなものです。
3亀山陸軍病院東土塁内側より










4亀山陸軍病院東土塁外側より










正門から東門にかけて境界の土堤があり、かつては外側の畑地の中に境界石があったようですが、現在その場所は住宅の造成地となり、境界石は見つけられませんでした。
9亀山陸軍病院北土塁外側から










北側敷地にも土堤は残されています。
6亀山陸軍病院境界石柱1













周囲には陸軍境界石がいくつか残されています。まずは正門前の駐車場敷地に埋もれている境界石。
7亀山陸軍病院境界石柱2













正門近くの民家横の花壇の中にある境界石。
8亀山陸軍病院境界石柱3













同じく花壇の中にある境界石。
10亀山陸軍病院境界石柱4













北側土堤側の境界石。
亀山陸軍病院境界杭位置












今回確認した境界石の配置図。このほかにも西側竹林内等にも境界石が残されているようです。

次に向かったのが、第一航空軍教育隊の跡地。
昭和17年に幹部候補生や下士官の教育部隊として開設されたもので、営舎等の施設が建ち並んでいました。
第一航空軍教育隊航空写真











※国土地理院公開の昭和22年米軍撮影の第一航空軍教育隊の航空写真。いくつかの建物が建ち並び、格納庫らしき建物も見えますが、基礎だけのままの場所もあり、いくつかは未完成だったようです。
戦後、跡地は住宅街や畑地となりますが、いくつかの分厚いコンクリートの基礎や建物は撤去されず、そのまま残されています。
11第一航空軍教育隊自動車庫基礎1










自動車車庫の基礎。コンクリートのベタ基礎です。
12第一航空軍教育隊自動車庫基礎2










仕切りがあり、それぞれの車が収まる様になってます。
13第一航空軍教育隊自動車庫柱基礎










生垣になっている箇所にはボルトのある基礎らしきコンクリート柱があります。
14第一航空軍教育隊貯水槽1










自動車車庫跡から北に進むと向かって左手に貯水槽があります。
15第一航空軍教育隊貯水槽2










現在は水は無く、土が溜まった状態で放置されています。
17第一航空軍教育隊特殊講堂基礎2










講堂の基礎。ここで様々な講義とか行われてたのでしょうか。
畑地の中に残されてますが、分厚いベタ基礎なので撤去できずにそのまま残されたようです、
23第一航空軍教育隊特殊講堂基礎5










ベタ基礎の上にさらに基礎があり、束石が並んでいます。
18第一航空軍教育隊特殊講堂基礎3










コンクリートの基礎の上には古い木造の倉庫が建てられています。
20第一航空軍教育隊の建物か2










第一航空軍教育隊の当時のままの建物ではないでしょうが、建物の部材や造り自体は古いです。兵舎等の建物は戦後の復興資材として住宅などに再利用されたようですから、もしかしたら第一航空軍教育隊の建物を再利用したものかもしれません。
24第一航空軍教育隊弾薬庫1










さらに北に進んだ場所、第一航空軍教育隊の敷地北端に当たる場所にかつては弾薬庫が5棟並んでおり、うち1棟が現在も畑地の中に残されています。
25第一航空軍教育隊弾薬庫2










コンクリート製の建物で、弾薬庫らしく頑丈な造りです。
26第一航空軍教育隊弾薬庫3










裏側から。何故か1棟だけ残されてますが、ともあれ第一航空軍教育隊の遺構で唯一残された確実に当時の建物と言える遺構です。
27第一航空軍教育隊弾薬庫内部1













内部。どうやら2段の棚があったようです。
28第一航空軍教育隊弾薬庫内部2










現在は物置になってます。
30第一航空軍教育隊塀支柱か2










弾薬庫の前に置かれた塀の支柱と思われるコンクリート柱。弾薬庫を囲んでいたのでしょうか。
31第一航空軍教育隊水路橋1










34第一航空軍教育隊水路橋2










35第一航空軍教育隊水路橋3










当時の水路と水路に架かるコンクリートの橋もいくつか残されています。
33第一航空軍教育隊水路水門2










第一航空軍教育隊当時の物かは分かりませんが、水門もあります。
36第一航空軍教育隊基礎1










格納庫の基礎。コンクリートの撤去は困難なので、大規模な造成が無い限りはずっと残り続けるでしょう。

第一航空軍教育隊跡を後にし、次は北伊勢陸軍飛行場跡へ。
北伊勢陸軍飛行場は岐阜陸軍飛行学校の分教所として昭和16年に開設。昭和18年に明野陸軍飛行学校の分教所へと改編されます。昭和19年からは教育部隊ではなく実戦部隊が配備され特攻隊の部隊も配備されていました。
北伊勢陸軍飛行場航空写真









※国土地理院公開の昭和22年米軍撮影の北伊勢陸軍飛行場航空写真。
南側の一角に兵舎や格納庫の建物が写ってます。
戦後、北伊勢陸軍飛行場の跡地は滑走路敷地は畑地や住宅地・古河電気工業の敷地に、兵舎等の敷地は川崎小学校等の敷地となっています。
37北伊勢陸軍飛行場掩体壕1










まずは有名な遺構である北伊勢陸軍飛行場掩体壕へ。
39北伊勢陸軍飛行場掩体壕3










北伊勢陸軍飛行場唯一のコンクリート製掩体壕で、完成直前で終戦を迎えたようです。
40北伊勢陸軍飛行場掩体壕4










北伊勢陸軍飛行場の遺構ではほぼ完全に残されたものであり、国登録有形文化財となっています。
42北伊勢陸軍飛行場掩体壕内部










内部は相当広いです。こちらもやはり物置に。
46北伊勢陸軍飛行場の旧建物か1










掩体壕を後にして格納庫のあった南側へと向かう途中、元滑走路敷地内に見つけた古い木造建物。
47北伊勢陸軍飛行場の旧建物か2










北伊勢陸軍飛行場の建物だったかは分からないが、建物も基礎のコンクリートも戦前の物ではないかと思う相当古いので、もしかしたら再利用したものではないかと思い撮影。
48北伊勢陸軍飛行場の旧建物か3










さらに南に下った先、格納庫跡の近くにあった建物。
49北伊勢陸軍飛行場の旧建物か4










壁部分は新たにコンクリートブロックで造ったものだが、屋根部分は明らかに戦前ではないかと思われる古い造り。こちらも北伊勢陸軍飛行場と関係あるものかは分からないが、再利用している可能性もあるので撮影。
50北伊勢陸軍飛行場駐機場か










駐機場だったと思われる場所。現在は何もありません。
51北伊勢陸軍飛行場格納庫支壁










第一格納庫の支壁。かつてはこのコンクリートの壁の上に木造の格納庫の躯体が乗っていたようです。北伊勢陸軍飛行場の格納庫は9つあり、鉄骨造の1棟を除いてあとは全て木造でした。
52北伊勢陸軍飛行場燃料庫










川崎小学校西側の畑地に残る燃料庫。以前は2棟並んであったようですが、南側は宅地として造成されたせいか、もう1棟は失われていました。
53北伊勢陸軍飛行場正門










川崎小学校の正門となっている北伊勢陸軍飛行場正門。この奥の小学校敷地にかつては兵舎が建ち並んでいました。ちなみに兵舎の一部が移築され公民館として使用されていますが、時間(と体力)の都合で今回は断念。

今回の行程は総距離15km。結構疲れましたが有意義な探索となりました。


besan2005 at 10:24│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 三重県 | 旧軍遺構

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見