2020年06月14日

経ヶ岬灯台訪問レポ日記

27経ヶ岬灯台看板











経ヶ岬にある経ヶ岬海軍望楼・経ヶ岬海軍特設見張所の探索と合わせ、経ヶ岬灯台を訪問しました。
経ヶ岬海軍望楼・経ヶ岬海軍特設見張所遺構 探索レポ日記
経ヶ岬灯台は明治31年に初点灯をした灯台で、日本に5つしかない第1等フレネルレンズを使用する保存灯台であり、日本んの灯台50選にも選ばれている灯台です。
26経ヶ岬灯台










経ヶ岬灯台の看板と遠くに見える経ヶ岬灯台。ちなみにここは正門ではありません。
28経ヶ岬灯台付属建物










最初に見える付属建物。
29経ヶ岬灯台付属建物










石造の建物で、倉庫なのですが、貼られているプレートを撮り忘れた・・・
32経ヶ岬灯台レーダー













敷地内にあるレーダーの鉄塔。
43経ヶ岬灯台正門










経ヶ岬灯台の正門。現在もこの正門から下って麓に行けます。
34経ヶ岬灯台










そして、主役の経ヶ岬灯台。
33経ヶ岬灯台










石造の堂々たる白亜の灯台。
35経ヶ岬灯台













海側の右から
36経ヶ岬灯台













左から。
37経ヶ岬灯台













正面から。経ヶ岬灯台に使われている石材は灯台下の海岸から切り出されたものです。
1海軍望楼










前回紹介した明治30年代の経ヶ岬海軍望楼の石材も同じ場所から切り出した石材かと思われます。
37経ヶ岬灯台銘板










灯台の入り口にある銘板。
38経ヶ岬灯台階段










石造倉庫や官舎のあった場所から灯台へと降りる階段。
39経ヶ岬灯台擁壁










経ヶ岬灯台は建物も塀も擁壁も全て石造です。恐らく煉瓦などを輸送する困難さより、海岸の石を切り出す方が効率的だったからだと思います。
40経ヶ岬灯台海










経ヶ岬灯台から望む日本海。
41経ヶ岬灯台海










まるで中世ヨーロッパの城塞か沿岸砲台の要塞のように見えるそんな雰囲気。120年余り日本海の安全を見守り続けてきました。
42経ヶ岬灯台海










経ヶ岬のある海岸は険しい崖がそそり立つリアス式海岸。今でこそ立派な道路がありますが、当時は灯台までの道は大変だったと思います。
経ヶ岬灯台古絵葉書








完成当時の経ヶ岬灯台。現存する灯台と倉庫の他に官舎がありました。この官舎も残されていたらより素晴らしい情景だったと思います。
44経ヶ岬灯台猿










経ヶ岬灯台からの帰り、ニホンザルの群れに出くわしました。
46経ヶ岬灯台猿










ニホンザルの親子。車内から撮影。野生のサルは凶暴なので要注意。餌などをあげてはいけません。

経ヶ岬灯台は毎年11月頃に内部の一般公開があるそうです。経ヶ岬海軍特設見張所の遺構で見逃したものもあるし、そのタイミングで再訪したいと思っています。


besan2005 at 19:10│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | その他近代化遺産

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見