2021年08月29日

宮津市・第三十一海軍航空廠 第一工員宿舎遺構探索レポ日記

第三十一海軍航空廠周辺位置図










※2023年9月16日 新資料発見につき加筆修正。

京都府宮津市ある栗田半島一帯にはかつて舞鶴海軍航空隊および第三十一海軍航空廠がありました。
うち、第三十一海軍航空廠は昭和18年に水上機の生産工場として設立した海軍工廠で、現在の関西電力エネルギー研究所の敷地にありました。航空廠の本体はエネ研の敷地にありましたが、その周辺に航空廠で働く職員や工員が生活する官舎街や宿舎街がありました。官舎街や宿舎街は第三十一海軍航空廠の開設に伴い新たに造成された街並みで、古くからその場所にあった漁村と違い、碁盤の目に街並みが造られています。
第三十一海軍航空廠の官舎街・工員宿舎街は4ヵ所作られたようで、うち、中津工員宿舎街、女子工員宿舎・官舎街、小田宿野工員宿舎街は過去に探索し、当時の建物が何件か今でも民家として使用されていることを確認しています。

宮津市銀丘地区(第三十一海軍航空廠中津工員宿舎街)探索レポ日記
第三十一海軍航空廠小田宿野工員宿舎街・官舎街・女子工員宿舎探索レポ日記

第三十一海軍航空廠関連施設全体図



また、2023年9月16日、歴彩館が所有している京都府行政文書「軍需品引渡目録」内に、第三十一海軍航空廠とそれに付属する官舎・工員宿舎・病院・変電施設・兵器工場など、今まで判明しなかった施設名などが記された図面を見つけました。
第一工員宿舎施設配置図










今回確認した遺構群は第一工員宿舎となっており、地元の方の証言通り工員宿舎だったことが分かります。また、遺構は残されていませんが、その北側の畑地になっている場所には、第二工員宿舎と兵器工場が存在したことが分かりました。

第三十一海軍航空廠官舎・工員宿舎遺構配置図









今回の探索結果。※2023年9月16日修正。

第三十一海軍航空廠官舎・工員宿舎配置図










確認した遺構の平面図。※2023年9月16日修正。

結果として想定以上の遺構の残存度で現在主に畑地となってますが、基礎などがそのまま残り、当時の様子を十分うかがい知ることが出来ました。

0官舎街通路










大型建物跡・第一工員宿舎跡へと続く道路。この道路は大型建物・工員宿舎を造成する際に造られたもので、現在もこの道に合わせる形で各建物のプランが造られています。

1官舎跡










大型建物跡。平面図を参照していただければ分かりますが、規模はかなり大きく、工員宿舎の向かいに建つという立地の性格上、第一工員宿舎の集会所か会食場だった可能性があります。

2官舎跡










大型建物跡北棟の一角。ここはコンクリートの床張りが残ってます。

3官舎跡入口










大型建物跡入り口。道路に面して開口し、入り口を中心にして左右に棟が伸びています。

5官舎跡勝手口










こちらは勝手口と思われます。段がついてます。

4官舎跡










大型建物跡の一部。

15基礎ボルト










大型建物跡のコンクリートの基礎にはボルトが残されています。

6工員宿舎跡










道路を挟んで向かいには工員宿舎跡があります。

8工員宿舎跡










工員宿舎跡。ここの大型建物・工員宿舎のエリア内には1軒のみ民家があります。ここで偶然出てこられた地元の方から親切にも遺構を案内していただきました。ありがとうございました。
工員宿舎跡はその地元の方による証言です。

7工員宿舎のコンクリート床










工員宿舎跡のコンクリートりの床張り。終戦後に建物群は取り壊され、畑地にするため多くはコンクリートの床は撤去したそうですが、畑地にされなかった箇所はこのようにそのまま残されています。また、コンクリート床は撤去してもコンクリートの基礎は撤去が困難なこと、作物を栽培するのに特に支障はないことを理由にそのままになっているそうです。
16基礎煉瓦










工員宿舎跡の基礎。工員宿舎の基礎は大型建物跡と違い、煉瓦造にモルタルで仕上げています。

IMG_3418










工員宿舎東側にある浴槽跡。浴槽は2つあり、角の部分を曲線に仕上げています。
なお、西隣に脱衣場と思われるコンクリート壁の一室があり、北側に開口しています。
IMG_3425










浴室入口。入り口を入ると脱衣場だったと思われます。

IMG_3427










ボイラーと思われるコンクリートの升。

9洗濯場










工員宿舎跡の南隣にある洗濯場。工員たちが使用していたのでしょう。コンクリート製の洗い場が残されています。

10洗濯場










反対側から。

11消火栓










洗濯場の西側の畑地には消火栓が残されていました。
13消火栓













消火栓には海軍の波マークと錨のマークがあります。舞鶴市の第三海軍火薬廠など工廠の敷地内ではしばしば消火栓が見られますが、宿舎の敷地内では初めて見ました。状態もよく貴重な遺構です。
これも撤去が厳しくそのままにしているのだそう。この下には貯水槽がそのまま残されているはず。

14洗濯場付近外郭










洗濯場の南側の外郭。

14外郭の塀基礎










洗濯場の東側の外郭。外郭ラインには用水路とその内側に塀の基礎と思われるコンクリート基礎があります。塀がコンクリートだったのか木造だったのかは分かりませんが、大型建物・工員宿舎のエリアをぐるりと囲むように基礎が残存しており、海軍用地だった大型建物・工員宿舎エリアを塀で囲って民地と分けていたようです。

17北へ向かう道










大型建物跡・工員宿舎跡から山方向の東へ向かう当時の道。

18貯水槽










道の突き当り、山裾にある貯水槽。かなりの大きさです。
なお、今回は確認しませんでしたが、山側に防空壕か残されている可能性があります。
小田宿野の工員宿舎街には奥の山に防空壕が残されています。

19北側便所










敷地の北端には便所跡が3ヵ所あります。こちらは東側の便所跡。

20北側便所










個室は10個。現在遺構は残されていませんが、京都府行政文書の図面では便所の南側に長方形の建物があり、工員宿舎の建物に接続した便所だと分かりました。

21北側便所汲み取り口










便所跡外側から。手前に見えるのは汲み取り穴。臭突が設置されていたであろう丸い穴も残されています。
IMG_3428










真ん中の便所跡。

22南側便所










西側の便所跡。便所跡の規模は全て同じです。

23煉瓦残骸










便所跡の南側一帯は、今回発見した図面により、この場所に工員宿舎の建物があったようです。
今回初確認したこれらの遺構群は、水路と塀により区切られ、敷地内は区画整理により作られた道と工員宿舎・大型建物、洗濯場、浴場、便所と生活に必要な施設がこの区画内にすべてそろっており、当時の生活の様を実感できる一括遺構として貴重な旧軍遺構と感じました。図面を基に考察しますと、現存する便所跡の南に付属する建物が工員宿舎、そのさらに南にある建物基礎などの遺構が残る一帯は第一工員宿舎の食堂や娯楽室、事務室などがあった建物だったのではないでしょうか。
 
※余談。

第三十一海軍航空廠製品タグ













所有している第三十一海軍航空廠の製品タグ。
第三十一海軍航空廠に関して、官舎・工員宿舎の遺構や建物は現在も多数残されていますが、航空廠自体の遺構は地下壕くらいしかなく、また当時の資料も乏しく、他の航空廠と異なり不明な点が多い航空廠であります。


besan2005 at 11:25│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 旧軍遺構

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見