2021年09月23日

高槻市の近代建築探索レポ日記(2017年・2019年・2021年探索)

大阪府高槻市の近代建築の探索レポ日記です。高槻市の近代建築探索は2年前の2019年2月2日に行っていましたが、記事作成は行っていませんでした。今回、高槻市を代表する洋館住宅K邸が11月中に取り壊されると聞き、今回改めて探索。記事にすることにしました。今回は2年前の探索時の写真を交えて紹介していきます。

まずは今回の目的のK邸へ。


1川中邸 高槻町 昭和初期 あめりか屋










K邸。高槻町。昭和初期。あめりか屋設計の大規模な洋館住宅。スパニッシュ様式の外観です。

6川中邸










北側から。

2川中邸










※2019年2月2日撮影。西側から。現在左隣にはビルが建っているため、全体を見ることは出来ません。

3川中邸正門










正門。住宅と同じスパニッシュ様式のデザイン。

4川中邸通用門










通用門。

5川中邸門飾り










左側の装飾。

7川中邸煙突










煙突。可愛らしいデザインです。室内には大理石製の豪華なマントルピースがあります。

8川中邸ステンドグラス











9川中邸ステンドグラス










窓のステンドグラス。K邸にはステンドグラスが豊富に使われています。
K邸は前述の通り、2021年11月中に取り壊され、跡地はマンションになるようです。
文化財未指定の建物ですが、国登録有形文化財になってもおかしくない建物、様々な事情はあるのでしょうが、取り壊されるのには惜しい。しかし私にはどうしようもないので、せめて外観だけでも可能な限り記録に留めようと思い、今回訪問しました。

K邸を後にし、2019年にも探索した近隣の建物を訪問。

11花田邸










H邸。高槻町。昭和10年。K邸の南にある洋館。

10花田邸 高槻町 昭和10年










正面から。

花田邸










北側から。

12花田邸










建物のアップ。K邸よりやや和風っぽいです。

13昭和初期の住宅か 高槻町











戦前の住宅










K邸の北側にあった住宅。戦前らしい平屋の木造住宅でしたが、今回の探索で取り壊されているのを確認しました。2019年2月2日撮影。

14山中邸 高槻町 昭和初期










Y邸。高槻町。昭和初期頃か。

15山中邸










三角屋根が特徴の洋館。

18洋館住宅 高槻町 昭和初期か










表札無しの洋館。高槻町。昭和初期頃か。2019年に探索した際は〇〇ハウジングの表札があり改修中でしたが、今回確認すると、表札の文字が消えかかってました。ただし、空き家ではないようです。
19洋館住宅










玄関部分。左側には出窓付きの三角屋根の張り出し部があります。

20洋館住宅










庭側から。テラスがあります。


16鎌谷邸 高槻町 昭和初期か










K邸。高槻町。昭和初期頃か。今回初確認。平屋の小規模な住宅ですが、デザインのしっかりした洋館です。庭木で全体が見えませんが、玄関周りの意匠はレベル高いです。

16横田邸 高槻町










Y邸。高槻町。昭和初期頃か。今回初確認。見づらいですが、手前側に付属洋館があります。

17横田邸脇の煉瓦塀










Y邸の側にある煉瓦塀。現在Y邸と煉瓦塀の間は駐車場となってますが、かつてはここまでが敷地だったのかもしれません。

21高槻新温泉 高槻町










高槻新温泉。高槻町。現在は廃業していますがレトロな銭湯。

22高槻新温泉煙突










高槻新温泉の煙突。かつては地域のランドマークだったんでしょう。

23変電所










阪急電鉄の変電所。八丁畷町。戦前の建物だと思います。

次に紹介するのは2019年2月2日に探索した工兵第4連隊の遺構。
24工兵第4連隊正門










工兵第4連隊営門。城内町。明治41年頃。

工兵第4連隊営門










工兵第4連隊は明治41年に京都から移駐した部隊で、高山右近で知られるかつての高槻城の跡地に駐屯地が造られました。
25工兵第4連隊歩哨舎













歩哨舎。工兵第4連隊の跡地は現在、高槻市立第一中学校となっていますが、営門と歩哨舎と境界杭が残されています。

23高槻憲兵分遣隊の建物か










マンションの裏の木造建物。城内町。高槻商工会議所北側にあるマンションは、かつて高槻憲兵分遣隊の敷地でしたが、その裏に戦前と思われる古い平屋の木造建物が残されています。かつての高槻憲兵分遣隊の建物の一部だった可能性を含め、ここに紹介。

ここから再び今回の2021年9月23日探索分。
26大阪医科大学 大学町 昭和5年 ヴォーリズ建築事務所










大阪医科大学看護専門学校校舎。大学町。昭和5年。ヴォーリズ建築事務所設計。
国登録有形文化財。以前から知ってましたが、ちゃんと訪問したのは今回が初めて。
27大阪医科大学










建物の周囲は木々に覆われ撮りづらい。扉は閉まっていて中に入れませんでした。

28旧京都帝国大学化学研究所管理棟 大学町 昭和4年










旧京都帝国大学化学研究所管理棟。 大学町。昭和4年。大阪医科薬科大学内に残された建物。
29旧京都帝国大学化学研究所管理棟










周囲で工事がされていて、全体の写真が撮れず。この建物はどうなるんでしょうか。

このあと、最近整備された安満遺跡公園へ。
30京都大学大学院  八丁畷 昭和5年 大倉三郎設計










現在安満遺跡公園となっている一角はかつて京都大学大学院の付属農園で、昭和初期の洋風建築が数棟残されていました。それらの建物のいくつかが安満遺跡公園の施設として再活用されています。
31京都大学大学院 農学研究科附属農場本館










京都大学大学院 農学研究科附属農場本館。八丁畷町。昭和5年。大倉三郎設計。
雰囲気のある洋館です。
京都大学大学院農園










2017年撮影。本館の前にある植栽は撤去され広々とした感じになりました。
33京都大学大学院 農学研究科附属農場本館










東側から。
京大農学部










2017年撮影。この頃の方がクラシックホテルっぽい感じで雰囲気ありますが、撮影するには今の方が有難いかも。
32京都大学大学院 農学研究科附属農場本館










西側から。
36京都大学大学院 農学研究科附属農場本館










西側の出入り口。何気に好きな箇所。
34京都大学大学院 農学研究科附属農場本館階段室










階段も当時のまま。
35京都大学大学院 農学研究科附属農場内部










1階の一室。現在は無料休憩室。
本館2階










※翌日夕方撮影。本館2階。広い部屋です。
本館2階2










講堂か何かだったのでしょうか。
本館階段










2階から階段。
本館踊り場窓










本館踊り場のアーチ窓。

37京都大学大学院 農学研究科附属農場別館










京都大学大学院 農学研究科附属農場別館。昭和6年。
現在は弥生時代の大規模環濠集落だった安満遺跡の展示室。
京都大学大学院農園










2017年撮影。大きな木は伐採され見やすくなってます。この時はやや傷みが目立ちました。
39京都大学大学院 農学研究科附属農場蔬菜選別室











38京都大学大学院 農学研究科附属農場蔬菜選別室 昭和6年










京都大学大学院 農学研究科附属農場蔬菜選別室。昭和6年。収穫した野菜をチェックしてたのでしょうか。
京都大学大学院農園










2017年撮影。だいぶ古さが目立ちます。
40京都大学大学院 農学研究科附属農場別館










本館裏の建物。昭和6年。現在は貸しスペース。
本館裏便所










本館背後のトイレ。最初は新設されたものだと思ってましたが、これも当時のままのようです。

今回は取り壊されるK邸の見納め的な訪問を含めた高槻市の再探索と、過去の探索時の写真を交えた記事にしました。京都大学大学院の附属農場の建物群について、本館は再活用されると思ってましたが、別館含む4棟の建物は壊されると思ってました。それが全て残されたのは英断と思います。2017年までに取り壊された本館向かいの農場研究室他はありましたが、現在もかつての雰囲気が良く残されています。同じ昭和初期の洋館である取り壊し予定のK邸。公園の施設として再活用された京大大学院付属農場の5棟の建物群。近代建築の運命は紙一重だと改めて感じました。

1本館










※翌日、仕事終わりに再び安満遺跡公園に向かい、夜景を撮影してきました。
まるで異国の夜の街角にいるかのような抜群の雰囲気でした。

besan2005 at 21:25│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 大阪府 | 近代化遺産

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見