2021年10月17日

旧亀岡商工会館探索レポ日記

1亀岡商工会館










※11/21、内部の見学をしてきました。最後の内部公開です。

旧亀岡商工会議所内部探索レポ日記

亀岡駅南口にある亀岡サンガスタジアムの南側に半ば廃墟化した古いビルがあります。これは旧亀岡商工会館という建物で、昭和33年に完成した建物。老朽化により2022年2月末までに解体されることが決定しており、戦後建築ではありますが、記録に留めようと向かいました。
元々は保津川下りの経営権を取得した阪急電鉄が保津川観光会館という宿泊施設を兼ねた商業施設として建設したのが最初(噂では阪急嵐山駅から亀岡市まで沿線を延ばす予定があったとか)でしたが、昭和48年に保津川遊船企業組合が発足し、阪急電鉄が経営権を手放してからは亀岡商工会議所として使用されたとのこと。しばらくはそのまま宿泊施設・商業施設として使用されてたものと思われますが、私が知る限り(20年前)にはすでに半ば廃墟状態だったと思います。
2亀岡商工会館










近年まではテナントが1つ入り、あとは亀岡市関連の団体の事務所として使用されていたようですが、現在はほぼ使われていません。

3亀岡商工会館










亀岡商工会館の看板。

4亀岡商工会館










エントランス。自販機が現役で綺麗なのがミスマッチに見えます。

6亀岡商工会館










近年まで入っていたレストラン。

7亀岡商工会館










現在は看板も蔦に覆われ荒れ果ててます。

8亀岡商工会館










エントランスの照明。

5亀岡商工会館










エントランスの案内板。一応組合などの団体の文字がありますが、どうなんでしょう。もう訂正されずに放置されている気が。

9亀岡商工会館










内部。一応照明は点灯していたので、完全な廃墟ではないようです。

10亀岡商工会館










残存しているテナント名。花屋さんだったのでしょうか。

11亀岡商工会館










背面。元々は宿泊施設としても建てられた建物なのでかなり大きさがあります。
内部には当時の大浴場も残されているようです。※読売新聞記事より

12亀岡商工会館










裏側へ。
13亀岡商工会館










外階段が螺旋階段とは中々洒落てますが、ちょっと怖いかも。

14亀岡商工会館










裏側の2階以上はベランダになっており、かつての宿泊施設としての名残があります。
15亀岡商工会館










1階部分は広い空間で、売店か大食堂の空間だった感じに見えます。現在は希少生物の研究施設(アユモドキ)という張り紙がされていますが、ほぼ物置状態。

16亀岡商工会館













建物を一通り見て後にしました。昭和レトロ感と廃墟感を今に残す亀岡商工会館。あと数ヶ月でその姿を消していきます。

besan2005 at 09:09│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 商業施設

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見