2023年12月03日

一條町児童公園に残る都市公園の近代化遺産

京都市北区大将軍南一条町ある一條町児童公園を探索しました。一條町児童公園は昭和15年11月5日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳公園に残る都市公園の近代化遺産

54一條町児童公園南門 北区大将軍南一条町 昭和15年11月5日










一條町児童公園南門。
55一條町児童公園南門










階段に手すり状にとりつく形で、門柱部分は丸く仕上げられています。
56一條町児童公園南門










反対側も同じ形でシンメトリーとなっています。
57一條町児童公園南門










南門を公園内から。
58一條町児童公園西門










一條町児童公園西門。南門とデザインは同じですが、こちらは高低差が無いため階段にはなっていません。
59一條町児童公園西門










60一條町児童公園西門










門柱も左右対称のデザイン。
61一條町児童公園西門










西門を公園内から。
62一條町児童公園北門










一條町児童公園北門。こちらも南門・西門と門柱は同じデザインですが、北門には手前にもう一つ門柱があり、右側に公園名の銘板があります。そのため、公園の正門はこの北門だったと思われます。
63一條町児童公園北門










北門を公園内から。
64一條町児童公園北門銘板










一條町児童公園北門の銘板。当時のものかどうかは不明ですが、もしかしたら当初のものかも。
塀はどうやら作り替えられているようです。
65一條町児童公園砂場










一條町児童公園砂場。角は丸く仕上げられ、内部に段があります。
66一條町児童公園砂場










縁は蒲鉾型に仕上げられており古いかも。
67一條町児童公園ベンチ










よく見る一般的な形のベンチ。開園当時のものかは不明。
68一條町児童公園地蔵尊










公園の東端に地蔵尊がありました。京都市内の児童公園内では地蔵尊をよく見かけます。
京都では盛んな地蔵盆があるためか、公園内に地蔵尊を置くことにより、地域のコミュニティの場としての中心的役割を持たせようとしたのかもしれません。

一條町児童公園は遊具等は開園当時と思われるものは砂場が可能性ありという程度ですが、門は開園当時のものが残されており、当初の姿を伺えることができます。


besan2005 at 11:37│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 戦前の都市公園

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見