2023年12月10日

比永城児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

京都市南区西九条比永城町ある比永城児童公園を探索しました。比永城児童公園は昭和13年5月24日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳公園に残る都市公園としての近代化遺産

123比永城公園北側東門 南区西九条比永城 昭和13年5月24日 










比永城児童公園北側東門。時代を反映したものか装飾のないシンプルなデザインです。
124比永城公園北側東門










公園側から。
125比永城公園北側西門










比永城児童公園北側西門。こちらもシンプルなデザイン。
126比永城公園北側西門










公園側から。
127比永城公園西門










比永城児童公園西門。こちらも同じ。
昭和10年くらいまでは各門柱ももう少し意匠的だったりするのですが。
雰囲気的に開園当時のものかなとは思うのですが、もしかしたら戦後に作り直したのかも。
128比永城公園西門










公園側から。塀は失われています。
132比永城公園バーゴラ










バーゴラ。京都市内の戦前戦後の古い児童公園には休憩所としての藤棚のあるバーゴラが大抵設置されています。
133比永城公園バーゴラベンチ










別方向から。長方形の敷地の両側の角に藤を植えるスペースがあり、藤棚を設け、その下にテーブルとベンチを設けるスタイルはほぼ共通しています。
134比永城公園砂場










砂場。隅丸タイプ。
129比永城公園水飲み場










比永城児童公園には当初のものと思われる水飲み場が残されています。
130比永城公園水飲み場










反対側から。
131比永城公園水飲み場アップ










水飲み場のアップ。
現在は使われていませんが、開園当初の昭和13年の水飲み場を物語る貴重な遺構だと思います。
135比永城公園地蔵尊










公園敷地の外になりますが、地蔵尊もあります。
公園造成の際に予定地にあった祠を公園内や公園のすぐ脇に移したのか、京都市内には地蔵尊が設置されている児童公園をよく見かけます。京都市内の街中にも地蔵尊の祠が多く存在しますが、公園に設置したのは、京都で盛んな地蔵盆の存在があり、その地蔵盆を通じて地域のコミュニティの場としての中心的役割を果たすためだったのではと思います。


besan2005 at 23:12│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 戦前の都市公園

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見