2023年12月24日

南岩本児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

京都市南区東九条南岩本にある南岩本児童公園を探索しました。南岩本児童公園は昭和14年5月20日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

148南岩本公園南門 南区東九条南岩本 昭和14年5月20日










南岩本児童公園南門。シンプルなデザインです。
149南岩本公園南門










塀には丸い窓が開けられ変化を持たせています。
150南岩本公園南門銘板










銘板は新しいもの。
151南岩本公園南門塀










南側の門と塀はこんな感じです。
153南岩本公園北門










南岩本児童公園北門。
154南岩本公園北門










155南岩本公園北門










北門の門柱は南門と違い意匠的です。

155南岩本公園北塀










北塀は南塀と同じく丸窓が開けられています。
156南岩本公園プール跡










南岩本児童公園にはかつてプールがありました。戦前の京都市内の一定の広さの児童公園には、プールを設置するよう定められれていました。子供たちの心身育成と防火用水の確保を目的とするためのもので、現在も
萩・唐橋西寺・六條院にプールの跡が残されています。
158南岩本公園プール跡










児童公園のプールは戦後しばらくも機能していたようですが、管理が難しくなり学校と隣接している児童公園のプールはそのまま学校側が引き継ぎ、学校の敷地に取り込まれたりしていますが、そうではない児童公園のプールは埋め立てられ広場にされるか撤去されました。
157南岩本公園プール跡










この南岩本児童公園のプールも埋め立てられ、ジャングルジムなどが置かれて広場へと変えられていますが、その広場自体も今は閉鎖されています。草の生えている場所がかつてのプールで、分かりにくいですが、奥にコースの番号が書かれています。
159南岩本公園プール手洗い場










プールの北側には手洗い場跡があります。
160南岩本公園プール跡手洗い場










水槽が広いので、足とかも洗っていたのではと思います。
161南岩本公園扉跡レール










手洗い場のあるプール北側、北門を入ってすぐ右側に扉のレールが残されていました。
プールへの入り口だったのかもしれません。
162南岩本公園砂場










南岩本児童公園の砂場。隅丸の古いタイプ。開園当初のものかもしれませんが、今は使われていないのか草が生えてしまってます。

南岩本児童公園は現在はあまり使われていないのか荒れが目立ちます。
この南岩本児童公園、2025年4月の完成を目指した再整備が計画されており、イベントスペースやスタジオ、カフェなどを設置した多目的広場へと作り替えられるようで(※再整備計画の記事。完成イメージ図あり)、それにより、現在残されている門や塀、プール跡などの遺構はすべて失われる予定です。


besan2005 at 21:29│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 戦前の都市公園

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見