2024年01月16日

福知山市筈巻・天神神社の鰐口「丹州天田郡筈巻村中・天満宮御宝前」の銘文

鰐口1










先日、ネットオークションにて鰐口を入手しました。
鰐口とは仏堂の前に吊り下げて音を鳴らす仏具で、神仏分離令までは神社の社殿の前にも下げられていました。(今でも社殿前に下げられている神社もあります)
鰐口3










写真の関係でうまく写せてませんが、「目」という左右の出っ張りの幅は約20cm。
鰐口4










「口」という下部の開口部の幅は約1cm。
鰐口7






上部には湯口(鋳造の際に銅を流し込んだ部分)の痕が残っています。

実はこの鰐口には村の歴史を物語る銘文が残されています。
鰐口5










向かって右側にある銘文。
「丹州天田郡筈巻村中」
これは、現在の京都府福知山市筈巻に該当します。
鰐口6










向かって左側にある銘文。
「天満宮御宝前」
調べたところ、筈巻地区に天神神社という菅原道真を祭神とした神社があることが分かりました。
天神神社1










筈巻地区の天神神社の位置。
天神神社2









ストリートビューの天神神社。(後日、取材に行きます)。
案内板によれば、室町時代末期の文禄年間(1592〜1595)の頃、福知山市の六人部にいた高橋氏がこの地を開墾した際、北野天満宮を勧請し祀ったのが最初とされています。
実際に筈巻に天満宮である天神神社が存在することから、鰐口に刻まれている銘文は偽銘ではなく、本来、天神神社に存在したものであることが分かります。

鰐口2










鰐口の裏面には何も刻まれていません。
鰐口にはよく年号が刻まれていて、それが鰐口の年代を記すものになるのですが、残念ながらこの鰐口には年号がありません。となると、刻まれている銘文と形状からの判断になるわけなのですが。
まず、銘文で気にになったのが「天満宮」という表記。現在は天神神社という社名になっていますが、北野天満宮からの勧請だったこともあり、当初は「天満宮」と呼ばれていた可能性があります。
この天神神社がいつから天満宮から天神神社へと社名が変わったのか今のところ不明ですが、近代は天神神社と称していたようです。
次に鰐口の形状。私は仏具に関して専門ではないので詳しい鑑定はできないため、ネットで各時代の鰐口の特徴を調べてみましたが、基本的に室町時代までは「目」の出っ張りが低く、「唇」という開口している部分の高さと変わらないこと。「口」の部分の幅が狭いこと。江戸時代以降は「目」の出っ張りが顕著になるようです。

以上の事から、この鰐口は室町時代の特徴を備えた古風な形状を成し、当初の呼称と思われる「天満宮」の名称が刻まれていることから、もしかしたら天神神社の創建当時のものの可能性がありますが、あくまで私個人の考察なため確証はありませんので、今後さらに調査したいと思います。

どちらにせよ、ほとんど資料が残されていないであろう天神神社の歴史を物語る資料であり、仮に創建当初の文禄年間の作だとすれば、さらに貴重な資料になると思われるのですが。

※追記
この記事を執筆した後、筈巻地区内にある無量寺さんに問い合わせてみました。
筈巻は江戸時代初期に村として成立し、慶安2年(1649)までは福知山藩領。以後は天領だったのこと。天神神社の創建は文禄年間の言い伝えですが、今のような形の神社となったのは、筈巻村として成立した江戸時代以降ではとのこと。
また社名は天神神社だがそれは通称で、現在でも地区では天満宮と言ってたりする。
とのお話をいただきました。
鰐口1










さらにSNSにてこの鰐口に関しての情報を求めたところ、古美術に詳しい方からの見解が。
]霧の銅は金味が比較的新しく、江戸時代の雰囲気。
形状は室町時代後期〜安土桃山時代の古風な作風。
以上から江戸時代初期頃ではと判断。

との情報を得ました。
江戸時代初期の作と考えると、筈巻村が江戸時代初期に成立しその際に小祠だった天神神社が今の形に整備された際に奉納された可能性があります。まだ調査は進めますが、筈巻地区の歴史を物語る重要資料になる可能性がありそうです。 

besan2005 at 11:34│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 京都府 | 郷土史

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見