軍事ネタ

2019年02月17日

今も残る米軍の機銃掃射の痕。

芦屋市機銃掃射痕










先日の芦屋市の近代建築探索で見かけた古い塀のある住宅。
芦屋市機銃掃射痕










戦前のものと思われるこの塀に貼られたタイルは一部が大きく破損しています。
芦屋市機銃掃射痕







これは戦争中に米軍艦載機による機銃掃射によってついた傷跡です。

※米軍艦載機による日本本土への機銃掃射。

戦争末期、日本本土の制空権を失った日本に対し、アメリカ軍は爆撃機だけでなく空母艦載機の戦闘機による機銃掃射も行いました。それは軍事施設・軍需工場だけでなく民間施設や学校・病院・住宅にも及び、たとえ民間人であろうと女子供であろうと容赦なく狙われたまさに無差別攻撃でした。
DHCChsCVYAACHI7







※沖縄の現場で見つけ頂いた米軍艦載機が放った12.7mm機銃弾の薬莢。
本来は敵の戦闘機と空中戦の際や敵の車両・建物施設等に使用する強力な機関銃を生身の人間にも向けて撃ったわけです。ドラマ等では普通に撃たれて倒れるシーンが多いですが、本来は撃たれるとバラバラになるくらい威力があります。
存命中に祖父から聞いた体験談で、渥美半島にて小舟に乗って物を運んでいた同僚の兵士が機銃掃射を食らい、敵機が去ったあとその兵士の元に向かうとほぼ肉片になっていて、麻袋で回収したと話してました。

機銃掃射は大都市はもちろん地方の中小都市も含め全国各地で行われました。
その時の傷跡は今でも各地に残されています。
有名なのでは旧日立航空機立川工場変電所などがあり、首都圏や近畿圏の大都市ならば戦前の鉄道の橋脚や橋等今でも多く残されています。
以下、私が撮影した一例。
峯山海軍航空基地弾薬庫







峯山海軍航空基地弾薬庫機銃掃射痕













京丹後市・峯山海軍航空基地旧弾薬庫の機銃掃射の痕。
P1130068













P1130069













津市。藩主藤堂家墓地の墓塔に残る機銃掃射の痕。
IMG_0757










和歌山市のビルの壁に残る機銃掃射の痕らしき傷跡。
硬い石やコンクリート、そして鉄骨ですら貫通する威力。人体がまともに食らったらどうなるかは容易に想像できます。
非戦闘員に対して無差別に放った強力な機銃弾による機銃掃射。非人道的と言えるこの行為を後世に伝えるためにもこれら本当の意味での「戦争遺跡」は保存していく必要があると思います。

※新たに撮影しましたら画像を追加します。


besan2005 at 11:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月16日

街中で見かけた戦時中の記念碑(随時更新)

近代建築等の探索中に見かけた戦時中の記念碑を取り上げていきます。主に紀元二千六百年記念碑や国威宣揚的なスローガンが刻まれた戦時色の強い記念碑を主に取り上げるため、区画整理とか竣工記念等の記念碑は除外します。戦時色・軍国主義的な記念碑は戦後にGHQの指導により破壊されたり、むしろ日本人側が官民問わず進んで撤去や破壊を行いましたので、こうして現在も残されているものは戦時中の様子を伝える貴重な存在となります。
※まだ数は少ないですが、随時更新していきます。
DSC_0454













DSC_0456













皇紀二千六百年紀念碑。京都市伏見区善導寺町。「昭和十六年吉春」

DSC_0971














紀元二千六百年記念碑 京都市北区船岡山建勲神社内。紫野青年団による建立。

P1110911













P1110910













皇紀二千六百年記念碑(建勲神社碑)。京都市北区建勲神社参道。正親学区による建立。

IMG_20180613_062207













「貯蓄報国」シンガポール陥落記念碑。京都市北区紫竹牛若町。「シンガポール陥落記念」部分は削られている。

小松原公園の記念塔1













小松原公園の記念塔の銘板













紀元二千六百年記念建設「心身練成」。京都市北区小松原公園内。
燈籠型の街灯?の竿部に大理石の銘板をはめる。

DSCPDC_0003_BURST20180526091303344_COVER













紀元二千六百年記念林碑。京都府福知山市猪崎城跡内。

DSC_0908













皇紀二千六百年記念碑。大阪府東大阪市神劔神社前。

P1040088













日支事変記念碑。兵庫県豊岡市出石町。

南丹市園部町小麦山八紘一宇碑 紀元二千六百年記念1













南丹市園部町小麦山八紘一宇碑 紀元二千六百年記念2













紀元二千六百年記念「八紘一宇」碑。船井郡教育会。
京都府南丹市園部町小麦山山頂。

橿原神宮 紀元二千六百年記念 大阪市1













橿原神宮 紀元二千六百年記念 大阪市2













橿原神宮社名碑。紀元二千六百年記念・大阪市。
奈良県橿原市橿原神宮。

橿原神宮燈籠 紀元二千六百年記念 市長会1













橿原神宮燈籠 紀元二千六百年記念 市長会2













橿原神宮燈籠。紀元二千六百年記念・全国市長会。

橿原神宮燈籠 紀元二千六百年記念 全国産業組合員一同1













橿原神宮燈籠 紀元二千六百年記念 全国産業組合員一同2










橿原神宮燈籠。紀元二千六百年記念・全国産業組合員一同。
※紀元二千六百年記念行事において聖地ともいえる橿原神宮の境内には紀元二千六百年記念碑が大量にあると思い調べて回ったことがありますが、確認した感じでは記事にあげているごく少数しかありませんでした。無制限に建てられるのを憂慮して最初から断っていたのか、かつては多く建てられていたのを戦後に撤去したのか理由は分かりません。







besan2005 at 06:54|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年02月27日

たとえ兵器だったとしても、立派な産業遺産。

つい最近知ったのですが、去年の10月、土浦の自衛隊武器学校で
旧陸軍の八九式中戦車が動態復元されたそうです。

以下、動画転載。

 

続きを読む

besan2005 at 00:16|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年02月15日

陸自の新型戦車、初お披露目!!

新型戦車

 

 


 

*画像は、MSN産経ニュースから引用。

これまで、完成予想図と断片的なデータしか
情報のなかった陸自の新型戦車、TK−Xの
試作機が初お披露目されました。
当初の完成予定CGとは随分違う形になってますね。
初めて新型戦車の画像を見た感想は、車体と砲塔の
バランスがなんか微妙で頭でっかちに見えたのと、
砲塔がなんとなくどこかでみたことあるような?形。

続きを読む

besan2005 at 00:29|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年12月25日

新型潜水艦16SS「そうりゅう」進水!(気づくの遅い)

そうりゅう

 

 

 

*画像は朝雲ニュースより引用。
ニュースはこちら。

いまさら気づいたのですが、16SSと
呼ばれていた新型潜水艦が12/5に
進水していたようです。
(16SSの存在は前から知ってましたが)
この潜水艦はAIP機関と呼ばれる大気に依存しない
機関を搭載しており、2週間あまりも潜行し続けられる
そうです。
それ以上に驚いたのが命名された「そうりゅう」という艦名。
「そうりゅう」は「蒼龍」で青い龍のこと。
四神の東方の守護神でもあるわけですが、
なんといっても蒼龍は旧海軍の航空母艦でしょう。
帝国海軍の機動部隊の一員として真珠湾攻撃に参加し
ミッドウェーで沈んだ艦。プラモ作ったことのある男性なら
一度は耳にしたことあるのではないでしょうか。
私も蒼龍はウォーターラインで作ったことあります。
あと、某アニメのキャラの名前に使われたことでも
知られてますね。
その蒼龍の名が現代の潜水艦に復活したのは驚きです。
今年8月にはじめての旧国名をつけられた「ひゅうが」
と同じく、初めて空母名のつけられた艦になります。
今年は良いも悪いも自衛隊にとって大きな1年になりましたね。
私としては、今年自衛隊にとって大きな存在となった
「ひゅうが」「そうりゅう」の活躍を見守っていきたいです。
(引渡しと就役はまだ先ですが)



besan2005 at 16:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年08月23日

16DDH「ひゅうが」進水!

Yahooニュースより、ひゅうが進水式

 

 

 

海上自衛隊初でもあり、戦後初ともいえるヘリ「空母」が
待ちに待った進水式を迎えました。名前は「ひゅうが」
画像は、Yahooニュースの画像ですが、手前に映る人たちと
比べると本当に大きい。13500鼎楼肪じゃないですね。
さて、艦名の「ひゅうが」といえば、旧海軍の航空戦艦「日向」。

続きを読む

besan2005 at 23:18|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年08月14日

夏の護衛艦見学

あたご見上げ

 

 

 


実家へ帰っている間、舞鶴へ行って見ました。
護衛艦の上甲板に上がれるそうなんで。

 

 

続きを読む

besan2005 at 15:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年03月24日

舞鶴へあたごを見てきました。

あたご遠景






最近、仕事や家のことで忙しく、中々更新できませんでした。しかし、今日の午前なんとか時間が取れましたので、かねてより見たかった新鋭イージス艦「あたご」を見に舞鶴へ行ってきました。
この写真は文庫山という小高い山から見た自衛隊桟橋。
左端に停泊しているのがイージス艦「あたご」と「みょうこう」手前のでかい艦が補給艦「ましゅう」

 

続きを読む

besan2005 at 14:48|PermalinkComments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年03月16日

イージス艦「あたご」就役

あたご

 

 

 


最新鋭イージス艦「あたご」が15日付けで就役しました。配属先は舞鶴なので、これでいよいよ舞鶴にやってくることになり、やっとその姿を拝めるわけです。待ちに待ったって感じだなぁ。
NBC長崎放送にニュース動画がありました。
写真はFNNニュースからです。
この「あたご」、基準排水量7700トン・満載にいたっては10000トンになるそうで、ほとんど旧帝国海軍の重巡洋艦並です。私も以前7250トンのイージス艦「みょうこう」と「ちょうかい」を見たことありますが、本当に大きかった。「あたご」はそれらより更に大きくなるそうなので、早く見たいですね。
さーて、いつ見に行こうかな。今からワクテカしてますw
「あたご」の名前は京都・愛宕山から命名。配属先が京都の舞鶴なので、ちょうどいい名前ではないかと思います。あたごの名前は旧海軍の重巡洋艦にも使われていた名前です。(愛宕)
ちなみに、舞鶴にはすでにイージス艦「みょうこう」が配備されています。これに「あたご」が加わると、舞鶴にはイージス艦が2隻配備されることになります。おお、なんか豪華だぞ!!
*参照・Wikiペディア あたご型護衛艦
過去記事「舞鶴に護衛艦隊集結」



besan2005 at 20:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年09月01日

新型イージス艦2隻目、進水&命名。

長崎で建造が進められていた、新型イージス艦あたご型の2番艦である
15DDGが8/30に進水式を迎えました。
このとき艦名が発表されるのですが、注目の艦名は・・・続きを読む

besan2005 at 21:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新のお客様のご意見