学校建築

2023年08月27日

西脇小学校校舎見学会レポ日記。

1.西脇小学校 西脇町西脇 昭和9年・昭和12年 内藤克雄










2023年8月26日に行われた西脇小学校の校舎の見学会に参加してきました。
西脇小学校は昭和12年に完成した木造校舎で国指定重要文化財となっています。
設計者は内藤克雄。内藤克雄は昭和戦前期に北播磨地域を中心に活躍した建築家で、生涯800件以上の作品を手掛けましした。しかし、老朽化等の建て替えにより現存している作品はごくわずかです。

※関連記事
内藤克雄の作品を訪ねて

今回訪問した西脇小学校も建て替えの話がありました。特に高度経済成長期は利便性を優先する傾向があり、また新築の補助金は鉄筋コンクリート造に限られていたそうで、全国の古い木造校舎は次々と建て替えられていきました。(私の母校の小学校も在校中は木造校舎でしたが、建て替えられています。)
しかし、西脇小学校は保存の道を選びました。しかもただ保存するだけでなく現役の小学校校舎として使用し続けることを目的とし、児童の学校生活にも支障がきたさないよう現代的な改修がされています。西脇小学校は2021年に国の重要文化財に指定。それがきっかけとなり、今まで無名だった内藤克雄が注目され始め再評価へとつながっています。
2年ほど前に西脇市の近代建築を探索した際に内藤克雄の事を知り、以来、兵庫県下の探索の際は内藤克雄の作品を意識するようになりました。

※関連記事
西脇市の近代建築探索レポ日記

2年前の西脇市の探索では西脇小学校にはどうせ見れないだろうと行かなかったのですが、
今回、見学会の機会を得られましたので参加することにしました。

2.西脇小学校










西脇小学校の校舎は一番手前の第一校舎が昭和9年、第二・第三校舎が昭和12年に完成しました。
3年の時間差がありますが、基本設計は同じです。しかし、とある出来事のために、第二・第三校舎の
一部に設計変更がされました。それは後程。
3.西脇小学校










運動場側から。この日も暑い日でした。
4.西脇小学校










第一校舎のファサード。切妻屋根と縦ラインを強調したセセッション風のスタイル。
これは内藤克雄が設計した他の学校でも見られるデザインです(現存せず)。
5.西脇小学校










玄関切妻部分の装飾。
6.西脇小学校










第一校舎全景。ファサード以外は装飾を控えたデザインです。
7.西脇小学校










玄関車寄の天井に残る座繰り。
8.西脇小学校










第一校舎内部から玄関を望む。
8.西脇小学校2










玄関から第二・第三校舎方面。西脇小学校は第一校舎の玄関から第三校舎まで渡り廊下で繋がれた一直線に突き抜ける導線となっており、その中心の通路の左右に各教室などが配置されています。
ちなみにかつては校舎と渡り廊下の間には階段がありましたが、現代に合わせてバリアフリーとなっています。
9.西脇小学校










第一校舎の廊下。私の世代には懐かしさを感じます。
ちなみに手前にトイレがありますが、元々ここにトイレは無くかつては校舎の東端の外にありました。
3.西脇小学校










この第一校舎の横に付属する建物がトイレでした。
まだ水洗ではなく汲み取りだった昔は、臭いの関係で外にトイレが作られていました。
しかし水洗トイレが普及した現在、従来のトイレの配置だと逆に不便となり、各棟の各階の教室の一部を改修してトイレにしています。
ちなみに元々トイレだったこの付属屋も綺麗に改修されて、今もトイレとして使用されています。
10.西脇小学校










反対側から。

11.西脇小学校










第一校舎の教室。一見昔ながらの教室に見えますが、天井部分に空調設備を隠すなど当時の姿を残しつつ、児童が快適に過ごせるよう工夫されています。
昔の教室には先生が立つ教壇がありましたが、現在は児童との距離が出来てしまうこと、先生が足を踏み外す危険もあることから、最近の学校では教壇は廃止されているところが多いそうです。この西脇小学校も同様で、当時の姿を伝えるために2か所の教室のみ教壇を残している以外は教壇を無くしているそうです。
12.西脇小学校










教室の窓から外を眺める。内藤克雄の作品は窓を大きく取っているものが多かったりします。
よく外を眺めていて怒られたっけなぁ。
ちなみに各教室の窓にはカーテンがつけられていますが、これは播州織で再現されたもの。
播州織は播磨地域での主力地場産業ですが、最近は衰退しており、その産業を再興する目的で織られたようです。 
13.西脇小学校










次に2階へと向かいます。階段は手すりのみ作り替えてますが、どうも仮っぽい気がします。いずれ当初の姿に復元するかもしれません。
14.西脇小学校










階段の踊り場。結構広いです。ちなみに2階部分の手すりの前にさらに金属の柵が作られていますが、これは児童が手すりを超えて飛び降りて遊ぶのを防ぐためとか。子供ってそういう無茶をしがちですしね。
15.西脇小学校










踊り場の窓が見上げる夏の空。
16.西脇小学校










第一校舎の2階廊下。
17.西脇小学校










窓から第二校舎を望む。
23.西脇小学校










まずは集会所となっている部屋。
24.西脇小学校










元は教室だったのを改修しています。かつての講堂の役割でしょうか。
18.西脇小学校










西端には記念室があります。
19.西脇小学校










記念室の内部。
20.西脇小学校










現在は畳敷きの展示室となってますが、かつては家庭科室だったようです。
21.西脇小学校










西脇小学校の改修後の模型。

22.西脇小学校










記念室前の階段。この上部の梁ですが、第二・第三校舎とは違いがあります。
27.西脇小学校










これが第二校舎の開口部の梁部分。両側に持ち送りがつけられています。これは第一校舎完成した年の昭和9年、室戸台風が発生し近畿地方を中心に大きな被害が出ました。そして第二校舎建設の際、学校や保護者からの要望で開口部の梁を補強する形で持ち送りが追加される設計変更がなされたとのことでした。なので、第二・第三校舎の開口部の梁には持ち送りが追加されています。
25.西脇小学校










で、続いて第二校舎へ。
26.西脇小学校










中庭に百葉箱がありました。これも懐かしい。今の学校って他にもまだあるのかなぁ。
28.西脇小学校










第二校舎2階廊下。第二校舎は1階は職員室や保健室、校長室、2階は教室と図書室があり、部屋の見学はできなかったので、そのまま第三校舎へ。
29.西脇小学校










第三校舎は1階の家庭科室を見学。
30.西脇小学校










かつては理科室でした。確かに机の配置とか見たらそんな雰囲気が。第一校舎2階にあった家庭科室をこちらに移したんですね。現在の理科室は鉄筋コンクリート造の校舎にあると思います。
31.西脇小学校










理科室と言えば隣に実験の器材なんかが置かれている理科準備室がありましたが、西脇小学校にも残されています。
32.西脇小学校










かつては実験器具とか標本とかが収められていた棚は、家庭科の実習で使う調理道具や食器類が収められています。
33.西脇小学校










最後にかつて存在した昭和3年完成の講堂の名残を見に行きます。講堂はかつて第一校舎の南側にありました。各校舎を繋ぐ渡り廊下も当時のもの。
34.西脇小学校










第二校舎の西側の渡り廊下には車寄せがあります。これは校長室や応接室のある第二校舎へ来客を通すためでしょうか。
35.西脇小学校










現在の体育館に講堂の車寄せ玄関部分が移築され保存されています。講堂は現在の木造校舎に先駆けて、昭和3年に内藤克雄の設計で完成しました。
36.西脇小学校










天井裏部分。講堂自体は洋風の外観でしたが、車寄せ玄関は和風の唐破風でした。
37.西脇小学校










講堂に掲げられていた扁額。

西脇小学校の見学会はこれで終了。建て替えの危機がありましたが、多くの方の保存運動や努力で保存が決定し、重要文化財にまで指定されました。しかも西脇小学校の素晴らしいところは、ただ保存しただけでなく、現役の小学校として使用され続けることを前提とした「生きた文化財」であることです。文化庁が指定文化財建築をただ残すだけでなく積極的に活用する方針を取り始めた今、一つの好例としてあり続けることでしょうね。ここで学んで卒業した児童は自慢の母校になると思います。

※西脇市のHPに西脇小学校校舎改修工事竣工式の時のパンフのPDFが公開されていますので、リンクを張っておきます。

西脇小学校校舎改修工事竣工式用パンフレット(表紙・裏表紙)
西脇小学校校舎改修工事竣工式用パンフレット(中面)

besan2005 at 23:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年10月23日

京都市・旧新道小学校、宮川町歌舞練場訪問レポ日記

1新道小学校正面










本日は京都市東山区にある旧新道小学校と宮川町歌舞練場を訪問しました。
新道小学校と宮川町歌舞練場は今年度中に取り壊され、跡地はNTT都市開発により大規模宿泊施設及び新歌舞練場を含めた一帯の開発が行われることとなり、旧新道小学校の一般公開が行われていることを知り、解体が始まった隣の宮川町歌舞練場と合わせて訪問することとしました。

2新道小学校










まずは旧新道小学校。現在残る建物は昭和11年から昭和12年に建てられた鉄筋コンクリート造の校舎。近年の少子化・ドーナツ化現象による児童数減少により平成23年に閉校しました。
その後は色んな団体等による再利用がされてきましたが、今回いよいよ再開発による取り壊しが決定しました。

3新道小学校










最近は閉校した小学校や中学校の校舎を再利用したり、もしくは一部保存して別の施設に建て替えという例が良く見られますが、旧新道小学校は全面建て替えとなりこの姿を見ることは出来なくなります。
今回、一般公開という機会を設けて頂いた関係者の方々には感謝です。
では、内部へ。

4新道小学校玄関










旧新道小学校玄関。

5新道小学校玄関タイル










玄関タイル。とても丁寧な仕事ですね。

6新道小学校平面図001













頂いたパンフにある旧新道小学校の平面図。

7新道小学校1階廊下










1階廊下。レトロな木造のドアや窓がいかにも戦前の学校建築といった雰囲気。

8新道小学校1階階段










1階階段。親柱と手摺は人造石かな。1階は入る箇所があまり無かったので2階へ。

9新道小学校2階廊下










2階廊下。
10新道小学校家庭科室










家庭科室らしいですが、キッチン無いですね。

11新道小学校2階廊下










曲がった先の2階廊下。

12新道小学校2階階段










2階階段。学校の階段・・・怪談では、4時44分とかにこの鏡の前に立つと、この世の者ではないものが写ったり・・・が定番ですね。
13新道小学校理科室










階段の先の突き当りにある理科室。

14新道小学校理科室










別角度から。

15新道小学校手洗い場










実験器具とかを洗ってた流し台。
16新道小学校理科準備室










理科室の隣の理科準備室。準備室とか懐かしい響き。
照明に貼られた「残置」の紙がいよいよ取り壊されることを物語ってます。

17新道小学校2階階段










2階階段から3階へ。

18新道小学校音楽室










2階の階段を上った3階のすぐ横にある音楽室。

19新道小学校音楽室










壇上で唄ったり演奏したりするためか、他の教室より教壇が広いです。

20新道小学校音楽室










合唱とかで唄ったりするため、児童側も段が造られています。丁寧な造りです。

21新道小学校3階廊下










3階廊下。

22新道小学校作法室










3階にある作法室。

23新道小学校作法室










格天井に付書院・床の間・床脇の天袋に地袋。違い棚は無いですが、教科書通りの書院造の和室。

24新道小学校作法室襖










作法室の襖。ちゃんと上部に欄間もある。

25新道小学校作法室天袋・地袋










床脇の天袋と地袋。違い棚がないですね。ちん潜りはあるのに。

26新道小学校作法室地袋










地袋の模様はカルタをあしらったもの。
26新道小学校作法室隙間













作法室は他の教室と同じ造りの中に入れ子状に和室を造ってます。
作法室







戦前の学校、特に女子教育ではお茶や生花、作法などの教育が盛んにおこなわれていました。
戦後も茶道部とかか使用していたんでしょうか。小学校の作法教室だと手を抜かずにちゃんと様式にのっとり丁寧に作られた書院造の作法室、しかも格天井という格式の高さ。こういった伝統的な部屋を手かけられるのは京都ならではでしょうが、学校側や職人がこの新道小学校の児童にはちゃんとした格式のある書院造の作法室でしっかり学んでほしいという願いがあったのかもしれません。

新道小学校講堂










校庭に出て講堂へ。
27新道小学校講堂










講堂はだいぶ改装されてましたね。新道小学校の紹介がビデオで流されてました。

28新道小学校講堂










講堂の窓。

31新道小学校校庭










再び校庭へ。かつては児童が休み時間で遊ぶ声で賑わっていたのでしょう。

29新道小学校














30新道小学校













訪問した日はいい天気で、風は寒かったものの、校舎内へは秋の柔らかな日差しが窓から差し込んできました。閉校し児童がいなくなった学校の建物は、他でも感じましたがやはり物寂しい感じがしますね。

続いて隣にある宮川町歌舞練場へ。

32宮川町歌舞練場










宮川町歌舞練場は大正5年に完成した大規模な近代和風建築で、春の京おどりの公演の場として知られていましたが、老朽化と旧新道小学校との一帯の開発により取り壊しが決定。訪問した時はすでに覆いがかけられていましたが、建物はまだ健在でギリギリ間に合いました。

33宮川町歌舞練場










反対側から。3年前の3月にこの一帯を探索し、新道小学校の前も通り写真に収めていたのに、なんで宮川町歌舞練場は写真に収めなかったのだろう…

34宮川町歌舞練場










大屋根部分。新たな宮川町歌舞練場もこの象徴的な大屋根を再現するらしいですが。

35宮川町歌舞練場階段
 









フェンスの隙間から。階段がちらっと見えます。

36宮川町歌舞練場










旧新道小学校の教室から見た宮川町歌舞練場。来年度には宮川町の歴史を伝えるこの象徴的な2つの建物は取り壊され姿を消します。


besan2005 at 20:10|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月24日

綾部市・旧奥上林小学校木造校舎&近代建築探訪レポ日記

京都府綾部市の奥地に素晴らしい木造校舎が残されているのを知り、探訪に向かいました。
場所は綾部市奥上林地区。国道27号線の山家の交差点からひたすら走って行きます。
そこにあったのは・・・
29旧奥上林小学校 綾部市奥上林 昭和初期〜10年代










立派な木造校舎。旧奥上林小学校校舎。
30旧奥上林小学校










以前探訪した京丹波町の旧須知小学校の木造校舎群を彷彿とさせる見事な建物。
31旧奥上林小学校













玄関部分。
奥上林小学校記念碑













旧校舎前には昭和3年銘の記念碑があり、奥上林小学校の文字もあったことから、この建物は戦前の物だと思われます。昭和12年築の旧須知小学校の木造校舎群と同じく昭和10年代の築かと思われます。
32旧奥上林小学校










裏側も当時の面影が良く残されています。まさに奇跡的。
33旧奥上林小学校













内部の様子。現在はイベント関連に時々使われているようです。
さて、この戦前の旧奥上林小学校の校舎の隣には体育館があり、そこから見下ろす場所に戦後の旧奥上林小学校の校舎が残されているのですが・・・
33旧奥上林小学校渡り廊下










その戦後の校舎と体育館をつなぐ木造の渡り廊下が残されています。
34旧奥上林小学校渡り廊下










まるで跨線橋のような佇まい。
35旧奥上林小学校渡り廊下










廃校・木造校舎ファン、廃墟ファンには有名な物件らしく、色々なサイトやブログで取り上げられています。誰が名付けたか通称「余部鉄橋」。
36旧奥上林小学校渡り廊下













下から見上げると、確かに鉄橋に見えなくもない。
37旧奥上林小学校渡り廊下内部













渡り廊下部分は開放されていて入れるようなので歩いてみました。
38旧奥上林小学校渡り廊下内部













橋脚が木造なので歩くとそれなりに揺れちょっと怖いですw現役の頃、この渡り廊下を走った子供は怒られただろうなぁと。今はまだ大丈夫ですが、今後手入れされず老朽化が進めば危険ですね。
それでもこの渡り廊下は見応えあります。先の旧奥上林小学校の戦前の木造校舎と合わせて訪れる価値は十分あります。

さて、この旧奥上林小学校へ向かう途中、中々良い感じの建物を見かけました。
22中上林診療所 綾部市中上林 昭和初期










中上林診療所。綾部市中上林地区。
23中上林診療所










見るからに戦前の建物。京都府近代化遺産調査報告書には未掲載でしたが、昭和初期の築かと思われます。
24中上林診療所










外観は当時の面影が良く残されています。
25中上林診療所










玄関部分。車寄せの柱も戦前の雰囲気があります。現在も中上林診療所と中上林歯科医院として現役の診療所。内部はさすがに改装されていましたが、こんな近代建築が綾部市の山間部に残っていたのが驚き。この建物、全くノーマークだっただけに走っていて見かけたときは興奮して即引き返しましたw
26中上林公民館か










27中上林公民館か










その中上林診療所から交番を挟んだ場所にある木造建築。地域のコミュニティー場所として使用されている建物ですが、かつては戦前の公民館だったのではと思います。

今回訪問した旧奥上林小学校の木造校舎と渡り廊下は行く価値のある見事なものでした。途中、中上林診療所という予期せぬ収穫もあり、充実した探訪となりました。


besan2005 at 11:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年04月12日

豊郷小学校旧校舎群

豊郷小学校正門滋賀県豊郷町にある豊郷小学校の旧校舎群です。
昭和12年にヴォーリズの設計により建てられた校舎で、鉄筋コンクリート造の建物は当時「東洋一」と呼ばれました。
2002年に解体問題が浮上し、保存運動が起きた結果、旧校舎は耐震工事を行った上に保存。背後に新校舎を建てることで決着しました。
その後旧校舎は町の施設として使用されていますが、2009年に放送されたテレビアニメ「けいおん!」の学校のモデルとされたことから、けいおん!ファンが訪れるようになり、「聖地」として賑わうようになりました。
校舎外観旧校舎外観。外観はすっきりとしたモダンデザイン。




ウサギとカメの手すり1階段の手摺には「ウサギとカメ」のブロンズ像。
豊郷小学校のシンボルとも言える存在。






部室前階段階段を上がりきった3階には旧音楽室があります。




P1000540旧音楽室。昇華を歌うための演壇が設けられています。




部室旧音楽室の隣にある準備室は「けいおん!」の主人公たちが軽音楽部の部活を行う「部室」のモデルになった部屋で、ファンによるセットや小物が置かれています。


P1000511部室に置かれたホワイトボードには、
ファンが張ったイラストなどが多数。




P1000516黒板は書き込み自由で、ファンによる
コメントやイラストで埋まっています。




P1000507「部室」に置かれたティーセットとお菓子。
作中で主人公たちがティータイムを過ごす
シーンを再現しています。





講堂外観別棟の旧講堂。





講堂内部旧講堂内部。
入口側から奥に向かうにつれて
高さが下がっていき、奥からでも
壇上が見えるようになってます。


図書館外観別棟の旧図書室。





図書館内部旧図書室内部。
アールデコ調のデザインでまとめられ、
豊郷小学校内で一番装飾的な建物です。
こちらは現在観光案内所として使われ、
特に「けいおん!」関連のものが
たくさん展示されています。

P1000522展示されているグッズの数々。





P1000529こちらが「けいおん!」のポスター。
今年4月から2期が放送開始となり、
ますます見学者で賑わうことでしょう。



http://besankosyashin.blog56.fc2.com/blog-entry-441.html
こちらに、建設当時の竣工記念絵葉書を紹介しています。
すべて揃っていないのが残念ではありますが、ほぼ現在の姿と変わっていないことがわかります。

※今回紹介した豊郷小学校旧校舎群の画像は時系列に差があります。

besan2005 at 06:52|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新のお客様のご意見