都道府県別

2024年03月24日

富雄丸山古墳・造り出し部埋葬施設出土木棺等現地説明会レポ日記

15.造り出し粘土槨







去年、国宝級の発見と言われた鼉龍文(だりゅうもん)盾形銅鏡と東アジアでも最大級の蛇行剣が出土した富雄丸山古墳の造り出し部の埋葬施設。その埋葬施設内部の発掘調査が行われ、木棺や銅鏡、竪櫛などが出土し、3/17に現地説明会が行われたので行ってきました。
写真は盾形銅鏡と蛇行剣が出土した状態の去年の写真で、木棺を粘土で覆った埋葬施設(粘土槨と言います)の上に置かれていました。
去年参加した富雄丸山古墳の現地説明会レポ日記

20240317_081402










今回の富雄丸山古墳の現地説明会は、16日午後と17日に開催されれ、16日には3000人くらい訪れたと聞き、10時からの開始予定でしたが、8時に到着。古墳の近くには新たな案内板が設置されていました。看板が富雄丸山古墳の形で、矢印が蛇行剣w ちなみにもう一つ、鼉龍文盾形銅鏡の形をした案内板も設置されているようです。
20240317_084728










8時に到着しましたが、誰もおらず。8時30分くらいから列が出来始め、1時間早めた9時から県が゛区開始となりました。
20240317_090820










発掘された埋葬施設。埋葬施設の上には屋根がかけられ、その中を通路を歩きながら見学する感じでした。
20240317_090959










しかし、1番乗りだった私はまだそんなに多くの人がいなかったため、じっくりと見学することができました。
20240317_090955










埋葬施設全体。出土した木棺は非常に保存状態が良く驚きました。粘土槨の上に乗せられていた盾形銅鏡と蛇行剣から溶け出した金属イオンが作用して、木棺の腐食を防いだそうですが、古墳の木棺は大抵残っていないため、当時の木棺の姿を伝える貴重な発見です。木棺は割竹形木棺。木棺本体はコウヤマキで作られ、小口板はスギで作られています。
20240317_090826










木棺の南東側には銅鏡が3枚重ねられて埋葬されていました。
IMG_7265










銅鏡をアップで撮影してみました。表面(鏡面)を上にしているので文様はまだ不明ですが、縁の感じを見ると、三角縁というより平縁に見えます。当時日本にも多く伝わった漢式の内行花文鏡かなと思ってます。しかし、アップにすると益々木棺の保存状態の良さに驚きます。
20240317_090917










木棺内に残された水銀朱。当時、朱の赤色は魔除けの意味合いがあり、古墳に埋葬された木棺や石棺の内部に塗られていました。水銀朱は金属なので、1700年以上経った現在でも鮮やかにその朱の色が残されています。ちなみに、竪櫛も9個ほど埋葬されていたそうですが、保存のために取り上げられていました。

さて、この造り出し部に埋葬された人物はどのような人だったのか。棺内に剣や刀、鏃などの武具が埋葬されていないこと、竪櫛が埋葬されていることから、被葬者は女性ではとの見方がされています。富雄丸山古墳の主である墳頂部に埋葬された人物の姉か妹ではとの説もあるようですが、それにしては副葬品が質素に見えます。それこそ首飾りである玉類とかあってもおかしくはないと思いますが、一切ないのが。私は富雄丸山古墳の主に仕えていた側近的な人物で、巫女的な存在だったのではと考えてます。棺外に置かれた盾形銅鏡と蛇行剣は主を守る魔除けの意味があったのではと。あくまで私の推測ですが。

Screenshot_20240317-093253~2










1巡したあともう1度見たくなって2巡。その際にスマホにある3Dモデルが作成できるアプリを試してみることに。流れに沿って連続写真を撮るだけで簡単に3Dモデルが出来ました。便利な時代になりましたね。
20240317_091253










2巡目を終えて富雄丸山古墳を後にした直後に見学者が一気に増えたようで40分待ちとかになったようです。やはり早めに来てよかった。
富雄丸山古墳の調査はまだ続くようなので、今後どんな発見があるのか楽しみですね。

今回の富雄丸山古墳の現地説明会資料のPDFはこちらからDLできます。


besan2005 at 12:07|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年02月25日

下鴨森ガ前児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

京都市左京区下鴨西高木町にある下鴨森ガ前児童公園を探索しました。下鴨森ガ前児童公園は昭和14年5月14日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

1下鴨森ガ前児童公園北門 左京区下鴨西高木町 昭和14年5月14日 










下鴨森ガ前児童公園北門。
2下鴨森ガ前児童公園北門










門柱と袖塀はセセッションの影響を受けたデザインに見えます。
3下鴨森ガ前児童公園北門










反対側も同じデザインで、シンメトリー。
4下鴨森ガ前児童公園北門










公園内から。
5下鴨森ガ前児童公園南門










下鴨森ガ前児童公園南門。こちらも北門と同じデザインで統一しています。
9下鴨森ガ前児童公園北西角塀










北西隅の塀。
11下鴨森ガ前児童公園バーゴラ










下鴨森ガ前児童公園で象徴的なのは、この藤棚のあるバーゴラでしょう。公園の北東隅に扇型にテラスを作り、藤棚とベンチ・テーブルを設けています。
京都市内の戦前の児童公園には必ず藤棚のあるバーゴラが設けられていますが、規模の大小に限らず大抵は長方形で、この下鴨森ガ前児童公園のように扇形にしているのは珍しいです。
12下鴨森ガ前児童公園国旗掲揚台










下鴨森ガ前児童公園には国旗掲揚台も残されています。門柱と同じ感じでセセッションっぽいデザインがされています。
戦前の日本では、公園などの多くの人が集まる公共の場において、国旗の掲揚が推奨されました。そのため日本各地の公園内や町内に国旗掲揚台が設置されていきました。それらは町内会や個人・団体の寄付により建てられました。今でも京都市内の戦前の公園内や街角にいくつか残されています。
13下鴨森ガ前児童公園国旗掲揚台










国旗掲揚台は背後に金属のポールを設置し、そのポールに国旗を掲げました。下鴨森ガ前児童公園の国旗掲揚台にはポールを固定する金具が今でも残されています。
17下鴨森ガ前児童公園花壇










下鴨森ガ前児童公園の中央にある花壇。
18下鴨森ガ前児童公園花壇










四角形の花壇を四つ並べて真ん中に十字の花壇を配置した幾何学的なデザインで、洋式庭園を意識した感じに思えます。
14下鴨森ガ前児童公園基礎










何かの基礎がありました。かつては何かが建てられていたのかもしれませんが不明です。
16下鴨森ガ前児童公園砂場










下鴨森ガ前児童公園の砂場。角型の砂場で戦後の物かも。

下鴨森ガ前児童公園は、戦前からの特徴的なバーゴラやセセッション風のデザインの門柱や国旗掲揚台が残されている貴重な近代化遺産が残された公園でした。


besan2005 at 10:47|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あおい(下鴨膳部)児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

京都市左京区下鴨東梅ノ木町にあるあおい(下鴨膳部)児童公園を探索しました。(※戦前は下鴨膳部児童公園という名前でしたが、現在は「あおい児童公園」となっています。以下は「あおい児童公園」と称します)。
あおい児童公園
は昭和10年5月14日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

1あおい児童公園東門 左京区下鴨東梅ノ木町 昭和10年5月14日










あおい児童公園東門。

2あおい児童公園東門










門柱脇の袖塀はアールデコ調のデザイン。
3あおい児童公園東門










反対側も同じデザインで、シンメトリーになっています。

4あおい児童公園東門










公園側から。
5あおい児童公園南門










あおい児童公園南門。南門も東門と同じデザインです。
13あおい児童公園土地区画整理記念碑










公園内には大きく「記念」と彫られたインパクトのある石碑があります。
14あおい児童公園土地区画整理記念碑










背面の碑文。昭和8年に下鴨土地区画整理事業を記念して設置された記念碑です。
京都市内の児童公園は周辺の分譲地開発に伴い造られたものが多く、紫野柳児童公園・萩児童公園にも記念碑が残されています。
9あおい児童公園国旗掲揚台










あおい児童公園には国旗掲揚台も残されています。装飾の少ないモダニズムなデザイン。
10あおい児童公園国旗掲揚台










戦前の日本では、公園などの多くの人が集まる公共の場において、国旗の掲揚が推奨されました。そのため日本各地の公園内や町内に国旗掲揚台が設置されていきました。それらは町内会や個人・団体の寄付により建てられました。今でも京都市内の戦前の公園内や街角にいくつか残されています。
11あおい児童公園国旗掲揚台










国旗掲揚台は背後に金属のポールを設置し、そのポールに国旗を掲げました。
あおい児童公園の国旗掲揚台の背面にもポールを立てるための窪みがあり、固定していた金具の跡も残されています。
16あおい児童公園砂場










あおい児童公園には砂場もありますが、あまり使われていないのか荒れていました。

あおい児童公園は少ないながらも質の高い戦前の児童公園の遺構が残されており、この地域の分譲地としての開発の歴史を伝える貴重な近代化遺産と言える公園です。


besan2005 at 10:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

萩児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

京都市左京区下鴨萩ヶ垣内町にある萩児童公園を探索しました。萩児童公園は昭和15年12月1日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

1萩児童公園南西角門 左京区下鴨萩ケ垣内町 昭和15年12月1日










萩児童公園南西角門。低い門柱が建てられています。
2萩児童公園南西角門銘板










銘板。これは戦後の物でしょうか。
3萩児童公園南門










萩児童公園南門。南西角門よりシンプルな門柱。
4萩児童公園東門










萩児童公園東門。こちらは門柱にタイルの装飾があります。
5萩児童公園東門










南側の門柱と塀。
6萩児童公園東門










北側の門柱と塀。
7萩児童公園東門銘板










銘板。東門の門柱は他の入口より手が込んでおり、東門が正門だったと思われます。
8萩児童公園北門










北門。南門と同じ簡素な門柱。

9萩児童公園土地区画整理記念碑










萩児童公園のある一帯は昭和9年に洛北土地区画整理事業で開発された分譲地でした。萩児童公園内には土地区画整理事業の完成を記念した石碑が残されています。京都市内の児童公園は周辺の分譲地開発に伴い造られたものが多く、紫野柳児童公園・あおい児童公園にも記念碑が残されています。
10萩児童公園ラジオ塔










萩児童公園にはラジオ塔が残されています。ラジオ塔は日本放送協会(現・NHK)がラジオ普及のために各地の公園等に設置された街頭ラジオで、最盛期には465基あまり設置されましたが、現在は37基しか現存していません。
11萩児童公園ラジオ塔










そのうち京都市内にはこの萩児童公園の他に、円山・紫野柳・船岡山・橘・小松原・八瀬の7か所の各公園に現存しており、うち船岡山公園のラジオ塔は平成27年に新たに受信機が設置され機能が復活しました。
12萩児童公園ラジオ塔










萩児童公園のラジオ塔に残る「JOOK」の文字。これは京都放送局「現・NHK京都放送局」のコールサイン。
10萩児童公園ラジオ塔










萩児童公園のラジオ塔は、大きな庇を設けたコの字型の他に類を見ない形状で、中々モダンなデザインです。
13萩児童公園国旗掲揚台










萩児童公園の国旗掲揚台。戦前の日本では、公園などの多くの人が集まる公共の場において、国旗の掲揚が推奨されました。そのため日本各地の公園内や町内に国旗掲揚台が設置されていきました。それらは町内会や個人・団体の寄付により建てられました。
14萩児童公園国旗掲揚台










国旗掲揚台は背後に金属のポールを設置し、そのポールに国旗を掲げました。萩児童公園の国旗掲揚台の背後にはポールを固定した金具が残されており、使われていた当時の様子を知ることができる貴重な遺構となっています。
112紫野柳公園ラジオ塔










国旗掲揚台の中には、紫野柳児童公園のラジオ塔のように、ラジオ塔と国旗掲揚台が一体化したものもあります。
15萩児童公園砂場










萩児童公園の砂場。角を丸くした古いタイプのものと思われます。
17萩児童公園ベンチ










萩児童公園のベンチ。擬石洗い出し仕上げの古いもの。
18萩児童公園ベンチ










公園内の各所にこのような古いベンチが残されています。
19萩児童公園プール跡










萩児童公園には25mプールが残されています。
21萩児童公園プール跡










戦前の京都市の児童公園にはある一定以上の広さを持つ公園にはプールの設置が求められました。それは児童の心身鍛錬と防火用水としての機能を持たせるためでした。戦後しばらくはプールとして使用され続けていましたが、管理の問題から次第に廃止され、埋め立てられたり撤去されたりしていきました。また、学校と隣接した公園のプールは学校の敷地に取り込まれ、学校が管理するプールとなっていきました。
23萩児童公園プール跡










この萩児童公園のプールも現在は埋め立てられ広場となっています。現在京都市内の児童公園にある25mプールで現存しているのは萩児童公園の他には、
南岩本・六條院・唐橋西寺の児童公園がありますが、全て埋め立てられたプール跡となっており、機能しているものはありません。

萩児童公園は、代表的なラジオ塔をはじめ、土地区画整理記念碑・国旗掲揚台・25mプール跡・門柱など戦前の児童公園の遺構がよく残され、日本土木学会の選奨土木遺産に認定されています。
萩児童公園は、戦前の児童公園の雰囲気を知ることができる近代化遺産として貴重な公園となっています。


besan2005 at 07:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年02月12日

坂本城発掘調査現地説明会参加レポ日記。

IMG_2995










2024年2月11日に滋賀県大津市の坂本城の発掘調査現地説明会に参加してきました。
坂本城は元亀2年(1571)に織田信長の命を受け、明智光秀が琵琶湖の湖畔に築いた城です。
明智光秀が討たれ坂本城が落城した後、丹羽長秀が入城しましたが、天正地震で破損した後に廃城となり、建物や石垣のの石は大津城に使われたため地上から姿を消しました。

IMG_3000










完全に地上から姿を消した坂本城は、江戸時代には完全に忘れ去られ絵図も残されていないことから
長らく「幻の城」と呼ばれました。近年の琵琶湖の渇水で琵琶湖畔に面した本丸部分の石垣が姿を現し話題となりましたが、石垣は基底部の1段のみであり、往時の姿からはかけ離れたものでした。しかし、坂本城の唯一の遺構として話題を集めていました。
しかし、2024年2月7日、今まで地上部分には存在していなかったと思われていた坂本城の石垣と堀が発見されるという驚きのニュースが報じられました。
2月10日と2月11日に現地説明会が行われるという話を聞いて、11日分のの説明会に参加してきました。
1待機列










前日の説明会では、開始前に整理券が無くなったと聞き、当日は9時30分整理券配布ののところ、6時30分に配布場所の石積みの郷公園に到着。さすがに私1人だろうと思っていたけど、すでに10人くらい並んでいてびっくり。7時30分くらいから続々と人が集まり、配布時となった9時30分には3重くらいの列になってました。
タイトルなし










イメージとしてこんな感じ。
坂本城縄張り図001










※現地説明会資料より。今回発見された石垣は三の丸に位置する場所で、さらに平成30年の調査で外堀と推定されていた場所の発掘調査が行われましたが、外堀にあたる遺構が確認されなかったことから、これまで考えられていた坂本城の外郭が狭くなる可能性があるようです。
坂本城トレンチ002










※現地説明会資料より。今回の発掘調査地の調査区と各遺構の位置図。
2石垣










発見された石垣。堀底に近い部分の石垣が高さ1mほど残されてました。
3石垣










手前にはかつて上に積まれていたであろう石垣の部材が堀底に転落しています。廃城時に地上部分の石垣は崩され石材は大津城に運ばれ、堀下の部分の石垣はそのまま堀と一緒に埋め立てられたのでしょう。
4石垣










石垣は約30m検出しました。恐らく調査区外へも同様の状態で残存石垣が残されていると思います。
石垣の改修説明










この石垣で報道時から気になってた箇所が1つ。左右の石垣と積み方に差異がある箇所があり、石垣の隅のようなラインも見えることから、もしかしたら改修をした後ではと考えています。
私の解釈を画像に記載してみました。
なお、石垣の背後に溝が検出されていますが、詳細は不明とのこと。
9堀対岸推定ライン










また、現場の西側、現場の外になりますが、用水路とコンクリートの擁壁があるのですが、調査担当者によれば、これが今回発見された石垣の対岸になるラインではと想定しており、この下に同様の石垣が眠っている可能性があります。堀幅は推定12mとなり、中々の広さの堀となります。
5石垣










先ほどの石垣の続き。手前に出土した転用石が並べられています。転用石が使用されているのはいかにも織田配下の家臣の城といったところ。明智光秀の城では福知山城の石垣が有名ですね。
7船着き場










石垣の北側から検出された石垣。石積み遺構とされてますが、どうやら先ほどの石垣と続いているようです。
8船着き場










この石積み遺構、説明では船着き場ではと推定されているようです。
船着き場説明










説明では「船着き場」とだけ説明されてましたが、遺構の状況をよく見ると堀へと至る石段らしきものも確認できました。また、その堀へと至る階段とするための石垣の構築(石垣を直交させて石段の壁としている)も確認できました。私の解釈を画像に記載してみました。
ちなみに堀の水深自体は浅かったと思われ、いわゆる高瀬舟のような底が平らな船ではと考えられています。
島津家久が記した天正3年の日記には坂本城を訪れた際、船による出迎えを受け、船で坂本城を巡った後、光秀の歓待を受け、船で宴会をしたことが書かれています。今回の発掘調査では、その島津家久の記述を裏付ける発見と言えます。
10遺物










出土遺物としては、瓦が少なく土師器皿やすり鉢、瓦質土器など雑器が多く、中国青磁とかの輸入陶磁器の数は僅か。今回の調査で礎石建物や井戸が確認されており、屋敷があったことが分かってますが、瓦の数が極端に少ないこと、雑器が多いことから、板葺きのような建物の下級武士の屋敷ではなかったかと考えられています。
11木製品










そして今回出土した木製品で注目されるのが「オール状木製品」が見つかったこと。
いわゆる船の櫂 (かい。つまりオール)とみられ、船があった裏付けとされています。
12終了










今回発見された坂本城の石垣はかなり貴重な成果で、遺構の保存に関しては現在協議中とのこと。開発による調査のため、開発原因者次第になりますが、何とか保存の方向に向かってくれればと願ってます。
参加した11日の現地説明会もかなりの大盛況で、整理券が配布された9時30分からわずか1時間で4回800人分の整理券が無くなったとのこと。坂本城石垣発見の関心の高さがうかがえる説明会でした。


besan2005 at 20:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年01月16日

福知山市筈巻・天神神社の鰐口「丹州天田郡筈巻村中・天満宮御宝前」の銘文

鰐口1










先日、ネットオークションにて鰐口を入手しました。
鰐口とは仏堂の前に吊り下げて音を鳴らす仏具で、神仏分離令までは神社の社殿の前にも下げられていました。(今でも社殿前に下げられている神社もあります)
鰐口3










写真の関係でうまく写せてませんが、「目」という左右の出っ張りの幅は約20cm。
鰐口4










「口」という下部の開口部の幅は約1cm。
鰐口7






上部には湯口(鋳造の際に銅を流し込んだ部分)の痕が残っています。

実はこの鰐口には村の歴史を物語る銘文が残されています。
鰐口5










向かって右側にある銘文。
「丹州天田郡筈巻村中」
これは、現在の京都府福知山市筈巻に該当します。
鰐口6










向かって左側にある銘文。
「天満宮御宝前」
調べたところ、筈巻地区に天神神社という菅原道真を祭神とした神社があることが分かりました。
天神神社1










筈巻地区の天神神社の位置。
天神神社2









ストリートビューの天神神社。(後日、取材に行きます)。
案内板によれば、室町時代末期の文禄年間(1592〜1595)の頃、福知山市の六人部にいた高橋氏がこの地を開墾した際、北野天満宮を勧請し祀ったのが最初とされています。
実際に筈巻に天満宮である天神神社が存在することから、鰐口に刻まれている銘文は偽銘ではなく、本来、天神神社に存在したものであることが分かります。

鰐口2










鰐口の裏面には何も刻まれていません。
鰐口にはよく年号が刻まれていて、それが鰐口の年代を記すものになるのですが、残念ながらこの鰐口には年号がありません。となると、刻まれている銘文と形状からの判断になるわけなのですが。
まず、銘文で気にになったのが「天満宮」という表記。現在は天神神社という社名になっていますが、北野天満宮からの勧請だったこともあり、当初は「天満宮」と呼ばれていた可能性があります。
この天神神社がいつから天満宮から天神神社へと社名が変わったのか今のところ不明ですが、近代は天神神社と称していたようです。
次に鰐口の形状。私は仏具に関して専門ではないので詳しい鑑定はできないため、ネットで各時代の鰐口の特徴を調べてみましたが、基本的に室町時代までは「目」の出っ張りが低く、「唇」という開口している部分の高さと変わらないこと。「口」の部分の幅が狭いこと。江戸時代以降は「目」の出っ張りが顕著になるようです。

以上の事から、この鰐口は室町時代の特徴を備えた古風な形状を成し、当初の呼称と思われる「天満宮」の名称が刻まれていることから、もしかしたら天神神社の創建当時のものの可能性がありますが、あくまで私個人の考察なため確証はありませんので、今後さらに調査したいと思います。

どちらにせよ、ほとんど資料が残されていないであろう天神神社の歴史を物語る資料であり、仮に創建当初の文禄年間の作だとすれば、さらに貴重な資料になると思われるのですが。

※追記
この記事を執筆した後、筈巻地区内にある無量寺さんに問い合わせてみました。
筈巻は江戸時代初期に村として成立し、慶安2年(1649)までは福知山藩領。以後は天領だったのこと。天神神社の創建は文禄年間の言い伝えですが、今のような形の神社となったのは、筈巻村として成立した江戸時代以降ではとのこと。
また社名は天神神社だがそれは通称で、現在でも地区では天満宮と言ってたりする。
とのお話をいただきました。
鰐口1










さらにSNSにてこの鰐口に関しての情報を求めたところ、古美術に詳しい方からの見解が。
]霧の銅は金味が比較的新しく、江戸時代の雰囲気。
形状は室町時代後期〜安土桃山時代の古風な作風。
以上から江戸時代初期頃ではと判断。

との情報を得ました。
江戸時代初期の作と考えると、筈巻村が江戸時代初期に成立しその際に小祠だった天神神社が今の形に整備された際に奉納された可能性があります。まだ調査は進めますが、筈巻地区の歴史を物語る重要資料になる可能性がありそうです。 

besan2005 at 11:34|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年01月14日

神戸海軍操練所跡・神戸港第一波止場防波堤跡発掘調査現地説明会レポ日記

2神戸海軍操練所現場入口










神戸市で開催された、神戸海軍操練所跡と神戸港第一波止場防波堤跡の発掘調査の現地説明会に参加してきました。神戸港のウォーターフロント再開発事情に伴う工事の事前発掘調査で見つかった遺構群であり、幕末〜明治期にかけての神戸港の成り立ちを物語る貴重な発見となりました。
今回の調査で重要な点は3つ。
)詼期の江戸幕府により築造された神戸海軍操練所の石積み遺構。
⊃生由港時に築造された明治初期の第一波止場の石積み防波堤。
L声C羇までに行われた第一波止場防波堤を修築・増築した遺構と信号灯・信号所の基礎遺構。
となります。
3調査区全体図









※現地説明会で配布された資料に掲載されている発掘現場の全体図。赤枠で囲んでいる部分の遺構が、第鬼の幕末期の神戸海軍操練所時代の石積み遺構(赤枠はブログ管理者による加筆)。

まずは幕末期の神戸海軍操練所跡の遺構。
1神戸海軍操練所記念碑










神戸海軍操練所は元治元年、幕府の軍艦奉行であった勝海舟の進言で設立した海軍士官の養成機関と海軍工廠を合わせた日本海軍発祥の地ともいえる施設でした。
塾頭は坂本龍馬。神戸海軍操練所は幕府の機関でありながら、幕府の終焉を予想していた勝海舟により、討幕派の志士も多く集っていました。
勝海舟は禁門の変で軍艦奉行を罷免され、神戸海軍操練所は慶応元年に閉鎖。明治に入り、神戸海軍操練所の跡地を利用して第一波止場の防波堤が築造されました。

3現場全体










発掘現場全体。幕末期の神戸海軍操練所跡と神戸開港時の明治初期の第一波止場の防波堤遺構、明治中期までの防波堤増築部分からなる近世近代の複合遺構です。
4神戸海軍操練所石積










北から撮影した幕末期の神戸海軍操練所跡の石積み遺構。遺構は手前の石積みで、表面は見学路の反対になるので、鏡で映しています。
5神戸海軍操練所石積










一番北側で確認された神戸海軍操練所跡の石積みの表目面。
いわゆる城郭にも使われた切込み接ぎともいえる布積み。
6神戸海軍操練所石積










その南側で確認された石積み遺構。
7神戸海軍操練所石積










一番南側で確認された石積み遺構。神戸海軍操練所跡の石積みは第一波止場防波堤の下に埋もれる形で、約26mほど現存しているようです。
これらの石積みを勝海舟や坂本龍馬が見ていたかもしれないかと思うと、感慨深いものがあります。

そして、明治初期の神戸開港時に築造された第一波止場防波堤、それ以後の明治中期までに行われた防波堤の修築・増築の跡と信号灯・信号所の基礎遺構。
8第一波止場防波堤石積










明治初期〜明治中期までの第一波止場防波堤遺構。西から撮影。
9第一波止場防波堤石積










第一波止場防波堤の石積み表面。第鬼の幕末の神戸海軍操練所時代の石積みを土台として利用し、その上に第挟の神戸開港時の第一波止場防波堤が築造され、明治中期までにさらにその上にほ防波堤が増築されました。
10第一波止場防波堤石積










北から。防波堤の構造がよく分かります。
11信号灯基礎










明治中期までに建設された信号灯の基礎。新旧の2時期あります。
12信号所基礎










同時期の信号所の基礎。
13明治時代中期第一波止場の様子








※現地説明会資料より引用・加筆。
この第一波止場の防波堤と信号灯・信号所は、明治中期に撮影された古写真に写されています。
奥に見える白亜の洋館は初代神戸税関。そこから左側は外国人居留地で、現在の海岸通りになります。
14古写真アングル










古写真とだいたい同じアングルで撮影。今から130年以上前に撮影された古写真に写る防波堤や施設と同じものを実際にこの目で見ている感動。
IMG_7127










見学路の足元には明治期の石積み防波堤の天端が露出していました。
第一波止場防波堤は時代とともに埋められていき、阪神高速道路建設の際に完全に埋め立てられました。そのおかげか良好な状態で遺構が発見され、神戸港の成り立ちを知る重要な近代の遺跡と判明しました。今回発見された遺構はまだ検討中ですが、敷地が神戸市所有であるため、保存整備の方向が検討されているようです。整備された後の姿を楽しみにしたいものです。
15出土遺物










その他、出土品など。中世の室町時代の五輪塔や宝篋印塔の部材なども使用されていたようです。
16出土遺物










石製の建物の部材も見つかっています。居留地時代の洋館の部材を修築や増築時に利用したのでしょうか。

今回の現地説明会は事前予約制で、土曜日と日曜日に確か4回、100名ずつくらい枠があったと思いますが、12日の締め切りを待たずに定員が埋まってましたね。やはり幕末。それも坂本龍馬ゆかりの遺構発見となると人気を呼びますね。

besan2005 at 11:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年01月08日

五條市の近代建築探索レポ日記

20240107_100926










奈良県の五條市にある近代建築を探索してきました。五條市には古い町並みなどがよく残されています。まずはJR五条駅から出発。
51五条駅手洗い場










この五条駅のホームに人造石研ぎ出しの手洗い場が残されていました。国鉄時代、まだ蒸気機関車が現役だったころ、駅に着いた蒸気機関車の機関士たちが煤で汚れた手や顔を洗うために使われていました。時には乗客も使用したこの手洗い場はかつてどこの駅のホームにもありましたが、昨今の高架化などの改築で姿を消しつつあります。
駅から1周する感じで探索していきます。

1純喫茶飛騨 須恵町










純喫茶・飛騨。五條市須恵。駅前にある喫茶店。玄関のアーチが特徴的。

2五条酒造事務所 今井町 大正13年










五条酒造事務所棟。五條市今井町。
3五条酒造事務所










和洋折衷の建物。この事務所の建築年は分かりませんが、創業年の大正13年としておきます。
4五条酒造工場棟










五条酒造の工場棟。こちらも大正13年としておきます。
5五条酒造煙突










五条酒造株式会社の文字がある煉瓦造の煙突も現役で使われています。

6元タバコ屋 五條










旧たばこ店。五條市五條。中々いい雰囲気の建物。レトロな看板もいいですね。
7元タバコ屋










今は店舗としては使われていないようです。

8鍵谷邸 五條










K邸。五條市五條。
9鍵谷邸










軒周りのデンティル装飾が特徴的ですね。
10鍵谷邸










どうやら元は印刷会社の事務所だったようです。

11栗山家住宅 五條 慶長12年 国重文










栗山家住宅。五條市五條。近代建築ではないですが、五條市で一番有名な古民家と思われるので紹介。
建築年はなんと慶長12年(1607)。400年以上前の住宅で、年代の分かっている住宅としては日本最古だそう。
12栗山家住宅










屋根の破風とかまるでお城の御殿のような立派さ。国指定重要文化財ですが、現在も個人宅なのが凄い。

13フォトスタジオサクライ(旧吉野銀行五條支店・旧五条信用組合) 五條 昭和10年 大林組 










フォトスタジオサクライ。五條市五條。昭和10年。
14フォトスタジオサクライ










元は吉野銀行五條支店だった建物。その後、五條信用組合となり、現在は写真館として使われています。
15フォトスタジオサクライ










装飾は少なめですが、元銀行らしい堂々たる外観です。

20旧五新鉄道新町高架橋 新町 昭和14年頃










旧五新鉄道新町高架橋。五條市新町。昭和13年〜14年頃。
五新鉄道は、奈良県五條市と和歌山県新宮市を結ぶ鉄道路線として明治末期に構想が起こりました。
実際に工事が着工されたのは昭和12年。高架橋と生子トンネルの開通までは完成しましたが、戦争により工事中断。昭和35年に工事が再開するも結局工事は中止され未完成のまま終了しました。
21旧五新鉄道新町高架橋










すでに完成していた五條市の高架橋は撤去費用の面からかそのまま残され現在に至りますが、今となっては幻に終わった五新鉄道の姿を伝える貴重な近代化遺産となっています。
22旧五新鉄道新町高架橋










高架橋のアーチの下部分。木の型枠痕が残ります。
23旧五新鉄道新町高架橋










高架橋の橋脚部分。ここにも型枠痕が。戦前のコンクリート建築にはこういった型枠痕がよく残されています。
24旧五新鉄道新町高架橋










国道24号線側にも高架橋が残されています。
25旧五新鉄道新町高架橋










かつては高架橋が国道24号線を跨いでいましたが、さすがに危険性があるので、現在は国道を跨ぐ部分は撤去されています。
26旧五新鉄道新町高架橋










旧五新鉄道の説明板。

27神田橋 新町 昭和5年8月










神田橋。五條市新町。昭和5年8月。
28神田橋










先ほどの旧五新鉄道高架橋のそばにあるRC橋。竣工当時の姿をよく留めており、欄干の尖頭アーチの装飾など戦前のRC橋らしい意匠的なものです。
29神田橋










竣工年の昭和五年八月の文字がある銘板。
30神田橋










神田橋の工事関係者の名前が刻まれた銘板。工事関係者の銘板が設置された戦前の橋は珍しいです。

31旧五條代官所長屋門 新町










旧五條代官所長屋門。幕府の天領であった五條市には代官所がありました。元々は五條市役所の位置にありましたが、天誅組の変により焼き討ちにあい焼失。元治元年(1864)に現在の地に新たに移されました。
32旧五條代官所長屋門










この長屋門はその時のもので、現在は歴史民俗資料館となっています。
33旧五條代官所










20240107_093215










五條代官所の敷地の南側には石垣が残されています。
20240107_093054










五條代官所は明治維新後は五條県庁となり、その後は裁判所の敷地となって現在に至ります。

35割烹明月 本町










さて、再び近代建築探索へ。割烹明月。五條市本町。
37割烹明月










3階建ての大きな洋館が特徴的な建物です。
36割烹明月










隣接する和館も立派です。
38割烹明月










玄関には立派な唐破風が。元は料理旅館だったのでしょうか。

39煉瓦倉庫 本町










煉瓦倉庫。五條市本町。街を歩いていて見かけました。
40煉瓦倉庫










壁は煉瓦ですが屋根の形から蔵だったのでしょうが、隣の民家とは別の敷地みたいなので、この煉瓦蔵だけ残されているっぽいです。
41煉瓦倉庫










ちょっと入り口側に回らせてもらいました。そこには・・・
42煉瓦倉庫










見事な木製の彫り物の装飾が。ただの蔵にこれだけの装飾を施しているくらいなので、主屋はどれだけ立派だったんでしょうか。

43谷食料品店 須恵










谷食料品店。五條市須恵。
44谷食料品店










今はもう閉店しているようです。ちょっと気になった建物。

45赤壁薬局 須恵










赤壁薬局。五條市須恵。
47赤壁薬局










現在は国道24号線に面した赤壁薬局の一部になっていますが、かつては荒谷薬局という店だったようで、タイル壁に店名が残されています。

48洋風住宅 須恵










下見板張りの住宅。五條市須恵。
49洋風住宅










ちょっと気になった建物でした。もとは店舗でしょうか。

16新町通










五條市は近代建築だけでなく、伝建地区の歴史的な街並みなど見どころの多い町でした。

おまけ。
52ケアーズ アーニャのシャッター










商店街にあった、SPY×FAMILYのアーニャが描かれた店舗w
この店舗の店主のブログによれば、アーニャが大好きで描いてもらったようです。


besan2005 at 10:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年12月30日

北岩本児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

京都市南区東九条東岩本にある北岩本児童公園を探索しました。北岩本児童公園は昭和14年5月20日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

164北岩本公園南側東門 南区東九条東岩本 昭和14年5月20日










北岩本児童公園南側東門。
165北岩本公園南塀










南岩本児童公園と同じ丸窓の空いた塀です。
166北岩本公園南側西門










西門。
167北岩本公園南側西門










公園から。
168北岩本公園南塀










西側の塀も同じデザイン。
169北岩本公園北門










北門。
170北岩本公園北門










171北岩本公園北門










門柱は全て同じデザインです。

172北岩本公園北門銘板










銘板は右書きで旧字体。開園当時のものと思われます。
173北岩本公園東門










東門。工事中でしたが、公園自体のの工事ではないようです。
174北岩本公園東南隅塀










東南隅の塀。
175北岩本公園プール










北岩本児童公園には近年まで使われていた児童プールがあります。
児童プールは他の児童公園にも設置されていましたが、管理の問題からか撤去されたり花壇にされたり、砂場にされたりで、当初の姿をとどめるのは北岩本児童公園と春栄児童公園くらいで、近年まで使用されていましたが、現在は使われていません。
176北岩本公園バーゴラベンチ










バーゴラ。京都市内の戦前の児童公園にはほぼ藤棚のバーゴラがありました。
177北岩本公園バーゴラベンチ










バーゴラのテーブルとベンチ。だいたい同じ形です。
178北岩本公園ベンチ










179北岩本公園ベンチ










ベンチは当時のもののようです。
180北岩本公園ベンチ










このような感じで並んでます。
181北岩本公園噴水か










北岩本児童公園の一角には、このような構造物が残されています。
182北岩本公園噴水か










半円状に造られており、手前側が土で埋めたような感じなので、噴水だったような気します。
183北岩本公園噴水か










反対側はコンクリートの床面になっており、上の半円はベンチにもなっていたのではないでしょうか。


besan2005 at 12:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年12月24日

南岩本児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

京都市南区東九条南岩本にある南岩本児童公園を探索しました。南岩本児童公園は昭和14年5月20日に開園した児童公園で、昭和10年代に土地区画整理事業や住宅地の改良事業等で京都市内各地に造られたものの1つです。
※昭和10年代に京都市内各地に開園した児童公園・都市公園に関しては、紫野柳公園の記事にて触れています。
紫野柳児童公園に残る都市公園としての近代化遺産

148南岩本公園南門 南区東九条南岩本 昭和14年5月20日










南岩本児童公園南門。シンプルなデザインです。
149南岩本公園南門










塀には丸い窓が開けられ変化を持たせています。
150南岩本公園南門銘板










銘板は新しいもの。
151南岩本公園南門塀










南側の門と塀はこんな感じです。
153南岩本公園北門










南岩本児童公園北門。
154南岩本公園北門










155南岩本公園北門










北門の門柱は南門と違い意匠的です。

155南岩本公園北塀










北塀は南塀と同じく丸窓が開けられています。
156南岩本公園プール跡










南岩本児童公園にはかつてプールがありました。戦前の京都市内の一定の広さの児童公園には、プールを設置するよう定められれていました。子供たちの心身育成と防火用水の確保を目的とするためのもので、現在も
萩・唐橋西寺・六條院にプールの跡が残されています。
158南岩本公園プール跡










児童公園のプールは戦後しばらくも機能していたようですが、管理が難しくなり学校と隣接している児童公園のプールはそのまま学校側が引き継ぎ、学校の敷地に取り込まれたりしていますが、そうではない児童公園のプールは埋め立てられ広場にされるか撤去されました。
157南岩本公園プール跡










この南岩本児童公園のプールも埋め立てられ、ジャングルジムなどが置かれて広場へと変えられていますが、その広場自体も今は閉鎖されています。草の生えている場所がかつてのプールで、分かりにくいですが、奥にコースの番号が書かれています。
159南岩本公園プール手洗い場










プールの北側には手洗い場跡があります。
160南岩本公園プール跡手洗い場










水槽が広いので、足とかも洗っていたのではと思います。
161南岩本公園扉跡レール










手洗い場のあるプール北側、北門を入ってすぐ右側に扉のレールが残されていました。
プールへの入り口だったのかもしれません。
162南岩本公園砂場










南岩本児童公園の砂場。隅丸の古いタイプ。開園当初のものかもしれませんが、今は使われていないのか草が生えてしまってます。

南岩本児童公園は現在はあまり使われていないのか荒れが目立ちます。
この南岩本児童公園、2025年4月の完成を目指した再整備が計画されており、イベントスペースやスタジオ、カフェなどを設置した多目的広場へと作り替えられるようで(※再整備計画の記事。完成イメージ図あり)、それにより、現在残されている門や塀、プール跡などの遺構はすべて失われる予定です。


besan2005 at 21:29|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新のお客様のご意見