滋賀県

2024年02月12日

坂本城発掘調査現地説明会参加レポ日記。

IMG_2995










2024年2月11日に滋賀県大津市の坂本城の発掘調査現地説明会に参加してきました。
坂本城は元亀2年(1571)に織田信長の命を受け、明智光秀が琵琶湖の湖畔に築いた城です。
明智光秀が討たれ坂本城が落城した後、丹羽長秀が入城しましたが、天正地震で破損した後に廃城となり、建物や石垣のの石は大津城に使われたため地上から姿を消しました。

IMG_3000










完全に地上から姿を消した坂本城は、江戸時代には完全に忘れ去られ絵図も残されていないことから
長らく「幻の城」と呼ばれました。近年の琵琶湖の渇水で琵琶湖畔に面した本丸部分の石垣が姿を現し話題となりましたが、石垣は基底部の1段のみであり、往時の姿からはかけ離れたものでした。しかし、坂本城の唯一の遺構として話題を集めていました。
しかし、2024年2月7日、今まで地上部分には存在していなかったと思われていた坂本城の石垣と堀が発見されるという驚きのニュースが報じられました。
2月10日と2月11日に現地説明会が行われるという話を聞いて、11日分のの説明会に参加してきました。
1待機列










前日の説明会では、開始前に整理券が無くなったと聞き、当日は9時30分整理券配布ののところ、6時30分に配布場所の石積みの郷公園に到着。さすがに私1人だろうと思っていたけど、すでに10人くらい並んでいてびっくり。7時30分くらいから続々と人が集まり、配布時となった9時30分には3重くらいの列になってました。
タイトルなし










イメージとしてこんな感じ。
坂本城縄張り図001










※現地説明会資料より。今回発見された石垣は三の丸に位置する場所で、さらに平成30年の調査で外堀と推定されていた場所の発掘調査が行われましたが、外堀にあたる遺構が確認されなかったことから、これまで考えられていた坂本城の外郭が狭くなる可能性があるようです。
坂本城トレンチ002










※現地説明会資料より。今回の発掘調査地の調査区と各遺構の位置図。
2石垣










発見された石垣。堀底に近い部分の石垣が高さ1mほど残されてました。
3石垣










手前にはかつて上に積まれていたであろう石垣の部材が堀底に転落しています。廃城時に地上部分の石垣は崩され石材は大津城に運ばれ、堀下の部分の石垣はそのまま堀と一緒に埋め立てられたのでしょう。
4石垣










石垣は約30m検出しました。恐らく調査区外へも同様の状態で残存石垣が残されていると思います。
石垣の改修説明










この石垣で報道時から気になってた箇所が1つ。左右の石垣と積み方に差異がある箇所があり、石垣の隅のようなラインも見えることから、もしかしたら改修をした後ではと考えています。
私の解釈を画像に記載してみました。
なお、石垣の背後に溝が検出されていますが、詳細は不明とのこと。
9堀対岸推定ライン










また、現場の西側、現場の外になりますが、用水路とコンクリートの擁壁があるのですが、調査担当者によれば、これが今回発見された石垣の対岸になるラインではと想定しており、この下に同様の石垣が眠っている可能性があります。堀幅は推定12mとなり、中々の広さの堀となります。
5石垣










先ほどの石垣の続き。手前に出土した転用石が並べられています。転用石が使用されているのはいかにも織田配下の家臣の城といったところ。明智光秀の城では福知山城の石垣が有名ですね。
7船着き場










石垣の北側から検出された石垣。石積み遺構とされてますが、どうやら先ほどの石垣と続いているようです。
8船着き場










この石積み遺構、説明では船着き場ではと推定されているようです。
船着き場説明










説明では「船着き場」とだけ説明されてましたが、遺構の状況をよく見ると堀へと至る石段らしきものも確認できました。また、その堀へと至る階段とするための石垣の構築(石垣を直交させて石段の壁としている)も確認できました。私の解釈を画像に記載してみました。
ちなみに堀の水深自体は浅かったと思われ、いわゆる高瀬舟のような底が平らな船ではと考えられています。
島津家久が記した天正3年の日記には坂本城を訪れた際、船による出迎えを受け、船で坂本城を巡った後、光秀の歓待を受け、船で宴会をしたことが書かれています。今回の発掘調査では、その島津家久の記述を裏付ける発見と言えます。
10遺物










出土遺物としては、瓦が少なく土師器皿やすり鉢、瓦質土器など雑器が多く、中国青磁とかの輸入陶磁器の数は僅か。今回の調査で礎石建物や井戸が確認されており、屋敷があったことが分かってますが、瓦の数が極端に少ないこと、雑器が多いことから、板葺きのような建物の下級武士の屋敷ではなかったかと考えられています。
11木製品










そして今回出土した木製品で注目されるのが「オール状木製品」が見つかったこと。
いわゆる船の櫂 (かい。つまりオール)とみられ、船があった裏付けとされています。
12終了










今回発見された坂本城の石垣はかなり貴重な成果で、遺構の保存に関しては現在協議中とのこと。開発による調査のため、開発原因者次第になりますが、何とか保存の方向に向かってくれればと願ってます。
参加した11日の現地説明会もかなりの大盛況で、整理券が配布された9時30分からわずか1時間で4回800人分の整理券が無くなったとのこと。坂本城石垣発見の関心の高さがうかがえる説明会でした。


besan2005 at 20:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年04月12日

豊郷小学校旧校舎群

豊郷小学校正門滋賀県豊郷町にある豊郷小学校の旧校舎群です。
昭和12年にヴォーリズの設計により建てられた校舎で、鉄筋コンクリート造の建物は当時「東洋一」と呼ばれました。
2002年に解体問題が浮上し、保存運動が起きた結果、旧校舎は耐震工事を行った上に保存。背後に新校舎を建てることで決着しました。
その後旧校舎は町の施設として使用されていますが、2009年に放送されたテレビアニメ「けいおん!」の学校のモデルとされたことから、けいおん!ファンが訪れるようになり、「聖地」として賑わうようになりました。
校舎外観旧校舎外観。外観はすっきりとしたモダンデザイン。




ウサギとカメの手すり1階段の手摺には「ウサギとカメ」のブロンズ像。
豊郷小学校のシンボルとも言える存在。






部室前階段階段を上がりきった3階には旧音楽室があります。




P1000540旧音楽室。昇華を歌うための演壇が設けられています。




部室旧音楽室の隣にある準備室は「けいおん!」の主人公たちが軽音楽部の部活を行う「部室」のモデルになった部屋で、ファンによるセットや小物が置かれています。


P1000511部室に置かれたホワイトボードには、
ファンが張ったイラストなどが多数。




P1000516黒板は書き込み自由で、ファンによる
コメントやイラストで埋まっています。




P1000507「部室」に置かれたティーセットとお菓子。
作中で主人公たちがティータイムを過ごす
シーンを再現しています。





講堂外観別棟の旧講堂。





講堂内部旧講堂内部。
入口側から奥に向かうにつれて
高さが下がっていき、奥からでも
壇上が見えるようになってます。


図書館外観別棟の旧図書室。





図書館内部旧図書室内部。
アールデコ調のデザインでまとめられ、
豊郷小学校内で一番装飾的な建物です。
こちらは現在観光案内所として使われ、
特に「けいおん!」関連のものが
たくさん展示されています。

P1000522展示されているグッズの数々。





P1000529こちらが「けいおん!」のポスター。
今年4月から2期が放送開始となり、
ますます見学者で賑わうことでしょう。



http://besankosyashin.blog56.fc2.com/blog-entry-441.html
こちらに、建設当時の竣工記念絵葉書を紹介しています。
すべて揃っていないのが残念ではありますが、ほぼ現在の姿と変わっていないことがわかります。

※今回紹介した豊郷小学校旧校舎群の画像は時系列に差があります。

besan2005 at 06:52|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新のお客様のご意見