鳥取県

2021年08月09日

鳥取市の近代建築探索レポ日記

鳥取城










2021年8月7日に鳥取市内の近代建築を探索してきました。車で向かい、午前7時30分に鳥取城近くの駐車場に到着。そこから市街地の近代建築を徒歩で探索。炎天下の中、約5時間の行軍という結果となりましたw
1仁風閣










まずは鳥取市を代表する近代建築である仁風閣。実は仁風閣は市街地の探索の後に向かったのですが、こちらでは先に紹介。
仁風閣は池田侯爵の別邸として鳥取城内の旧扇御殿跡地に明治40年完成。後に当時皇太子だった大正天皇の山陰行啓時の御宿所にも利用されました。設計は片山東熊。
2仁風閣










大正期には鳥取市の所有となり、迎賓館や公会堂として使用。国指定重要文化財。映画「るろうに剣心」の武田観柳邸のロケ地としても知られています。
3仁風閣階段










仁風閣階段。
4仁風閣1階










謁見の間だったかな。
5仁風閣大部屋










1階大広間。
6仁風閣1階大部屋










大広間窓。
7仁風閣2階










2階。
8仁風閣食堂










食堂。
9仁風閣サンルーム










2階のサンルーム。明治大正期の西洋館にはつきものですね。
これより鳥取市街地に残る近代建築探索。

10長石邸 西町










N邸。西町。
11長石邸










昭和初期?気になった建物。

12河本邸 湯所町 昭和13年










K邸。湯所町。昭和13年。大規模な洋館住宅です。

13洋風住宅 湯所町










鎧戸のある気になった洋風住宅。湯所町。

14旧鳥取武徳殿 湯所町 昭和6年 置塩章










旧鳥取武徳殿。湯所町。昭和6年。設計・置塩章。昭和46年に移築され天徳寺の本堂として使用されています。県民の建物100選。
15天徳寺庫裏 










本堂の隣にある庫裏。これも移築建物?

16旧鳥取県立図書館 西町 昭和5年 置塩章










旧鳥取県立図書館。西町。昭和5年。設計・置塩章。
17旧鳥取県立図書館










外観保存され、現在は「わらべ館」という展示施設となっています。
18旧鳥取県立図書館










玄関部分。

19コンクリートブロック住宅 西町 昭和初期か










偶然見かけた建物。コンクリートブロックの建物です。西町。
20コンクリートブロック建築










どう見ても戦前の造りにしか見えなくて。
21コンクリートブロック建築










反対側。
22コンクリートブロック建築










玄関にある郵便受け。戦前の建物で良く見られる壁に直接作り付けられたもの。現在は空き家ですが、もし戦前の建築なら、戦前のコンクリートブロック建築として貴重なのでは。コンクリートブロック建築と言えば思い浮かぶのは本野精吾。まさかね・・・。

23五臓圓ビル 二階町 昭和6年










五臓圓ビル。二階町。昭和6年。国登録有形文化財。
24五臓圓ビル










玄関部分の表札。現在も1階は店舗として使用されています。

25旧鳥取刑務所所長官舎 行徳 明治24年










旧鳥取刑務所所長官舎。行徳。明治24年。県民の建物100選。
26旧鳥取刑務所所長官舎










和風の割と質素な建物です。現在は行徳苑という憩いの家として使用。

27浅井商店 寿町










浅井商店。寿町。昭和初期頃でしょうか。2階部分のベランダが特徴的。

28生駒邸 寺町










I邸。寺町。大き目の洋館付き住宅。

29洋館付き住宅 馬場町










洋館付き住宅。馬場町。割と複雑なデザイン。現在はNPO団体が使用しているようです。

IMG_1224










気になった建物。玄関部分の屋根がシャレてます。

30旧尾崎家住宅 栗谷町 大正12年頃










旧尾崎家住宅洋館。栗谷町。大正12年。県民の建物100選。
31旧尾崎家住宅










奥まった住宅地の中にハイレベルの洋館がありました。
33旧尾崎家住宅










2階部分のアップ。いかにも大正期の洋館住宅と言ったところ。
32旧尾崎家住宅










背面。

34石河邸 上町 大正期










I邸。上町。大正期。
35石河邸










比較的大きい洋館ですが、大正期にしては装飾が乏しい。外壁を改修したっぽい。

36旧佐々木家住宅 上町 昭和6年










旧佐々木家住宅。上町。昭和6年。昭和21年増築。鳥取市指定文化財。県民の建物100選。
37旧佐々木家住宅










元は医院として建てられたものの、医院としては使用されずそのまま個人宅に。戦後GHQの接収時に増築され現在に至っています。
40旧佐々木家住宅










現在は樗谿グランドアパートとなっています。
38旧佐々木家住宅













テラス部分は装飾に富み華やか。
39旧佐々木家住宅










内部も当時の面影が残されています。

41洋館住宅 上町










旧佐々木家住宅の隣の住宅も戦前っぽい。

42洋館住宅 上町










旧佐々木家住宅の隣の洋館。結構背の高い建物です。
43洋館住宅










玄関部分。現在は空き家。

44旧医院か 立川町










旧医院の建物か。立川町。旧医院としたのは別の所でよく似た旧医院の建物を見たから。なので、詳細に関しては不明です。

45門脇構造研究所 立川町










門脇構造研究所。立川町。
46門脇構造研究所










昭和初期頃と思われる洋館住宅で、六角形の屋根の小さな塔屋を持つ中々優れた建物なのですが、庭木が邪魔で全体を確認できません。
47門脇構造研究所










かろうじて玄関側は建物の様子を見ることができます。

48卯垣公民館 卯垣










卯垣公民館。卯垣。
49卯垣公民館










偶然見かけた建物。昭和初期頃でしょうか。

52旧歩兵第40連隊兵舎 明治31年










旧陸軍歩兵第40連隊兵舎。立川町。明治31年。県民の建物100選。
53旧歩兵第40連隊兵舎










かつての兵舎が三洋電機の敷地内に2棟残されています。
54旧歩兵第40連隊兵舎










現在、旧陸軍の兵舎が並んで残されている場所はかなり貴重です。
50旧歩兵第40連隊将校集会所 立川町 明治31年










旧陸軍歩兵第40連隊将校集会所。正面の写真は敷地内に入らないと撮影できません。
51旧歩兵第40連隊剣道場 昭和9年










将校集会所の背面にあるコンクリート造の剣術道場。昭和9年。
近年まで他にも連隊本部・大隊本部などの建物が数多く残されていましたが、再開発により現在は失われています。

55旧鳥取高等農業学校本館 南吉方 昭和6年










旧鳥取高等農業学校本館。南吉方。昭和6年。県民の建物100選。
56旧鳥取高等農業学校本館










近年外壁を改修し、現在は企業の事務所として使用されています。

ここまでで徒歩による鳥取市内の近代建築探索は終了。仁風閣へ戻った時点で12時30分。7時30分に出発して実に5時間の行軍。しかも炎天下での徒歩による探索でかなり堪えました。
最初に紹介した仁風閣と鳥取城跡を見学した後、車で郊外の近代建築探索へ。

57円通寺簡易郵便局 円通寺 大正期 昭和6年移築










円通寺簡易郵便局。円通寺。大正期。昭和8年移築。
58円通寺簡易郵便局










元々は倉田郵便局だったのを昭和8年に移築したようです。
59円通寺簡易郵便局










玄関部分。郵便マークがあります。

60旧岸医院 河原町 大正初期










旧岸医院。河原町。大正初期。
61旧岸医院










現在は個人宅ですが、岸医院の表札はそのまま残されています。岸医院は少し離れた場所で今も営業しています。

63旧山陰合同銀行河原支店










旧山陰合同銀行河原支店。河原町。大正4年。
62旧山陰合同銀行河原支店 河原町 大正4年










いかにも大正期の銀行建築といった感じで素敵な洋館。現在は個人宅。ちょっと羨ましいw
この近くに洋風住宅があり、それの撮影で〆たかったのですが、家の前に人が乗った車がずっと停まっていて、残念ながら撮影できず・・・
以上で鳥取市の近代建築の探索終了です。この後はホテルに戻り朝までゴロゴロ過ごしました。

鳥取城大手門










鳥取城にももちろん行きました。これは復元された大手門。鳥取城は失われた櫓などの建物を復元整備する計画があるようです。
鳥取城天球丸巻石垣










鳥取城天球丸の巻石垣。全国でも珍しい球体の石垣です。


besan2005 at 08:58|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新の記事
最新のお客様のご意見